整体院を開業するための費用や収入などの基礎知識大公開!

公開日: 

massa-ji
あなたが一念発起して、整体師として独立開業に踏み切るとしたら、その後の生活がどうなるのか気になりますよね。
ここでは、開業までにどのくらいの資金が必要なのか、売り上げや利益などはどう予測できるのか、具体的に計算してみましょう。

開業にあたっての費用は、物件の状況と何にお金をかけるか?で大きく違ってきます。
実際にあるカイロプラクティック院の具体例を挙げてみます。
(手技療法ということで、整体院とカイロプラクティックをあえて区別しません)

そこでは、最初に作った院は合計で800万円程だったそうです。
こんなに高くついた背景には、倉庫として使われていた物件で、シャッターを開けると扉もなく、床もコンクリートのまま、天井も壁もないすべてを1から設置する必要があったのです。

800万円の内、内装等の工事だけで470万円、契約にかかる費用が240万円程だそうです。
ですから、院を運営するための具体的な準備には、100万円弱くらいです。

この院は数年後に分院を出店しました。
その分院の出店費用は、もっとずっと低いものでした。
ここに具体的にその分院の大まかな明細を記します。

スポンサードリンク

整体院を開業するために費用はどのくらいかかる?

【費用】
・物件取得費
家賃15万円として
保証金5か月分=75万円
仲介手数料1か月分=15万円
前払い家賃=15万円
合計=105万円(保証金は問題なければ出る時に返ってくる)

・内装費
壁クロス張替え=約40万円

・備品費
ベッド、資料、事務用品、タオルなど=約40万円

・看板代
壁据え付け看板+カッティングシート+スタンド看板=約30万円

・その他備品
電話、カウンターetc=約20万円

合計235万円

他にも条件を変えることで、更に低く抑えることも十分に可能です。

整体院は、極論すれば最低限場所とベッドがあれば仕事ができてしまいます。
場所は一人で開業するなら、10坪位で十分に運営できます。

地域にもよりますが、その位の物件なら家賃も10万円以下に抑えられる可能性もあります。
ベッドは1台当たり5万円~12万円もあれば購入できます。

更に低く抑えるには、物件を賃貸マンションにしたり、自宅で開業する手段もあります。
今はインターネットが発達していますので、店舗は必ずしも賑やかな場所である必要はありません。
行きやすければ良いのですから。

開業当初には、やはり宣伝をする必要があります。
知って頂かないとお客様は来ないからです。

そのためには、昔はチラシをポスティングしたり、新聞折込をしたりで、結構な費用がかかりました。
しかし今は、インターネットがありますから、ホームページを作って上手に運営すれば、広告宣伝費はかなり安く済むようになりました。

スポンサードリンク

自分で作れれば最高ですが、業者に発注しても30万円位で作ってくれる会社も多数あります。

もし外注するなら気を付ける事は、ホームページの業者さんは整体業界に詳しい訳ではありません。
カッコ良いサイトを作ることにかけてはプロでも、お客様に響くものとなると別の次元の話です。

「お金をかけてプロに作ってもらったから安心」と思っていたら、まったく反応がなかったということも少なくありません。

宣伝はインターネットが最も経費効率が良い媒体ですが、よく研究する必要があります。
ネットの世界には、鵜の目鷹の目で素人を狙う詐欺的な業者も結構います。

整体院を開業したら収入はどれ位見込めるのか?

次に収支を見て行きます。

*私が住む東京都内の整体院の平均的な料金は、ほぼ5,000円位です。
計算しやすいので、ここでは5,000円とします。

*開業当初はまだ知名度もないので、一日当り2~3人程度でしょう。
もちろんこれは、宣伝効果との関係で上下します。

*仮に2人として、一日の売上が1万円。
25日働いて月に25万円。
普通にやっていればこのくらいは十分に可能だと思います。

これよりも低ければ、何か阻害要因があるはずですから、よく検討する必要があります。
これが開業当初の最低限の収入見込みです。

一方費用はどうでしょうか?

*家賃が10万円、水道光熱費が2万円と高めに見積もっておきます。
大まかな経費は12万円。

とすると、大ざっぱな計算ですが、開業当初から13万円手元に残る計算になります。

開業当初から手元に利益が残るビジネスなんて、他にあるでしょうか?
多分ないと思います。
しかもかなり厳しめに見積もっています。

先ほど例に挙げた、開業費800万円の院の売上では
開業初月が月の下旬から月末までで96,000円
翌月以降は
・67万円
・76万円
・82万円
・91万円
と推移したそうです。

この院の月額家賃は21万円ですから、開業翌月から結構手元に残る計算です。

誰もが皆同じになる保証はありませんが、上手く回りだせば決して悪い仕事ではありません。

しかも、辛い思いをしている方に喜んでいただけるのですから、やりがいのある仕事だと思います。

因みに平成10年の経済産業省による利益率調査では
*製造業 4.0%
*卸売業 1.1%
*小売業 2.1%
*飲食業 8.6%
だそうですから、それらと比較しても飛びぬけて利益率が高いことが分かります。

そしてかなりなスモールビジネスですから、万が一失敗しても再チャレンジしやすいという利点もあります。
それまで使っていたベッドや備品はそのまま使えるし、物件取得費の多くを占める保証金は契約内容にもよりますが基本的には返金されるものです。

投資額が低くてリターンも早いのが整体院です。
ですから新規参入者が多いのですね。

最後に

競争も激しいけど、どんなに大手が近くにあってもサービス競争では常に互角です。
これは整体と言うサービスが、お客様と1対1で行われるものだからです。
大手も個人も条件に違いはありません。

もちろんサービス競争で負けていたら、良い結果は得られません。
これは、どんなビジネスにもある宿命です。
ですが、リスクを背負ってでも独立開業しようという方なら、勝てる見込みは十分にあると思います。

チャレンジしてみる価値はありませんか?

参考にして頂けたら幸いです。

 

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑