梅雨の洗濯物、部屋干しによる生乾きの臭いを抑える方法!

公開日: 

部屋干し
梅雨の時期、晴天が少ないので洗濯物を外に干すことができません。
仕方なく部屋干しをするのですが、どうしてもカラッと乾きにくく生乾きになってしまいます。
外出から帰った時にこの生乾き臭があると、嫌な気分ですよね?

今回は、梅雨時の洗濯ものの部屋干しについて考えてみたいと思います。
是非参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

梅雨の洗濯物を部屋干しでも快適に乾かすには?

そもそも、あの部屋干しの際の生乾きの匂いは、増殖した雑菌が出すガスなんです。
水分や汚れを栄養にして、分解する際に出るのです。

雑菌は洗濯では完全には落とすことが出来ません。
湿った状態が長引くほど増殖するので、ニオイも強くなります。

乾くまでに時間がかかると、雑菌がどんどん増殖しますので、部屋干しでも出来るだけ早く水分を飛ばす工夫が必要です。
梅雨の時期に私がしている工夫は、干している部屋の空気を動かすこと。
空気の流れがあると早く乾きます。

そのために扇風機を使います。
少し離れたところから、首振りで洗濯物に直接風を当てます。
もちろん、風を当てることによって乾きが早くなるのですが、首を振ることで部屋全体の空気を動かして加速させるのです。

エアコンがある部屋なら、エアコンを同時に使うと良いかも知れません。
除湿も行うからです。

もう一つ、除湿器をお持ちなら、除湿器の風を洗濯物に直接当てるのもオススメです。
意外なほど早く乾きます。

臭いを抑えるには、5時間以内に乾かすのが効果的と言われています。

梅雨の洗濯物の生乾きのニオイを減らす7か条!

①空気に触れる面を大きく干す
出来るだけ「最大限広げた」状態に近くなる様に干す。
タオルは出来るだけ重なる面を減らして、片方を長くして干す。
ずり落ちてしまうなら、洗濯バサミで止める。
ジーンズなどは、裏返してポケットを表に出して干す。
パーカーや長袖のシャツは逆さまにして、袖と脇を離す。(逆立ちの様に)

スポンサードリンク

②雑菌が繁殖する条件を出来るだけ減らす
すすぎにはお風呂の残り湯は使わないことです。
洗濯までは良いとしても、すすぎに使ってしまうとお湯の中の雑菌が、爆発的に増殖します。
風呂水の菌の数は、一晩おくと約1000倍にもなります。

③洗剤は表示の量を守る
汚れがひどかったりすると、ついつい洗剤を多く入れてしまいます。
しかし洗剤は規定量より多いと溶け残り、洗濯層のカビのもとにもなります。
その洗濯槽で洗濯したものは、当然雑菌だらけになります。

④ニオイ対策には、酸素系漂白剤を合わせて使う
(漂白剤入りの洗剤もありますので、少し足すと良いです)
また、お酢を大さじ2杯程度入れるのも効果的。
お酢のニオイはほとんど飛びます。

⑤すぐに洗濯するとき以外、洗濯機に洗濯物を投げ込んでおくのはやめる
雑菌やカビの温床になりやすいです。
特に濡れたタオルや衣類は厳禁です。
濡れている物は、一旦ハンガーにかけて水分を飛ばしてからカゴに入れましょう。

⑥ため込まずこまめに洗濯する
梅雨時にはこまめな洗濯を心がけましょう。
ため込むことで雑菌が増殖してしまいます。

⑦新聞紙で吸湿
雨が続くときは家が湿気でよどまないように換気扇を回し、部屋の間のドアを開けておいたり、扇風機を洗濯物に当てるのも効果的です。
洗濯物から出る湿気は重くて下へ降りるので、クシャクシャにして開いた新聞紙を洗濯物の真下に置くと意外なほど吸湿してくれます。

梅雨の洗濯物の生乾き臭対策、結論!

梅雨の洗濯物の部屋干しで臭いを抑えるには、雑菌の栄養である汚れをよく落とすことが大切です。
襟や袖、食べこぼしなどは、洗剤液に浸けておいた後洗濯するとよく落ちます。

洗剤液は「洗剤+酸素系漂白剤」をぬるま湯で溶いたものがお勧めです。
漂白剤は色素を、洗剤は汚れを落とすものなので、両方使うと効果的です。
お湯は40℃以下のぬるま湯を使いましょう。

そして出来るだけ短時間に乾かすこと。
理想は5時間以内です。
そのために扇風機や除湿器、乾燥機を積極的に併用しましょう。

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑