結婚式のスピーチ・主賓、友人、乾杯の例文テンプレート大公開!

公開日: 

結婚式
結婚式に招待していただいて、スピーチを頼まれると不慣れな方は何をどう話して良いか分かりません。
私も苦手です
考えるほど頭が真っ白…なんてことにもなります。

そこでこの記事では、それぞれの立場での上手な例をご案内します。
これに沿ってスピーチを組み立てて頂けば、まず失敗はしないはずです。
結婚式のスピーチを考える際のテンプレートとしてご利用下さい。

スポンサードリンク

結婚式のスピーチ、主賓の例文

主賓と新郎新婦の関係は、一般的に上下関係にあります。
上司が部下の、恩師が教え子の結婚式でのスピーチとなります。

砕けて話そうとして、時として失敗することもあります。
上下関係であるがゆえに、つい言い過ぎてしまいがちなのです。

スピーチを考えるにあたり、気を付けたいポイントを上げておきます。

*主賓挨拶における重要ポイント
・説教めいたスピーチにならないよう=主役はあくまでも新郎新婦
・会社の宣伝や紹介、自慢話はNG=同じ会社以外の人も列席している
・話が長くなりすぎないように=5分程度(書いた原稿を時間を計って読んでみて確認)
・人生の先輩としてのアドバイス的メッセージ=「3つの袋」・「50×50」の話など(下記に概略説明)

「3つの袋」の話
結婚生活における大事な袋が3つある。
1.給料袋 生活を支えるための重要なもの。(今は振込の会社が大半だが)
2.胃袋 妻の料理が楽しみだと寄り道はしない。(飲み歩きが減るので平和)
3.堪忍袋 多少のすれ違いは思いやりで忍耐する
※この他「お袋」や「玉袋」を入れるバージョンもあり。
ただし後者は、下ネタ系なので披露する場の雰囲気に要注意。

「50×50」の話
・50×50=2500
・49×51=2499
・48×52=2496
50という数をお互いの努力や愛情に例える。
努力や愛情がどちらか一方に偏ってしまうと、掛け合わせた数字はどんどん小さくなる。
だから夫婦はそれぞれが平等に努力し合うことが大切だ…という定番の話
因みにどちらか一方が0になると、結果も0になる。

*主賓挨拶の代表的な構成
1. 自己紹介:自分の名前と新郎(新婦)との関係を紹介。
2. 祝辞: 新郎新婦、両家の親族へのお祝いの言葉。
3. 新郎(新婦)の人柄の紹介と新郎(新婦)とのエピソード: 主賓から見た新郎(新婦)の人柄、仕事ぶり、出来事を紹介。
4. 2人へのメッセージ:最後に新郎新婦に向けてのメッセージで締める。

*主賓挨拶の一例
1.ただいまご紹介にあずかりました、新郎(新婦)の勤務先の◯◯と申します。
2.僭越(せんえつ)ではございますが、ご指名により、お祝いの言葉を述べさせていただきます。
◯◯君(新郎の名前)、△△さん(新婦の名前)、並びにご両家のご親族の皆様、本日は誠におめでとうございます。
心よりお祝いを申し上げます。
3.◯◯君(△△さん)とは、彼が(彼女が)私の部署に配属されて以来の付き合いで…⇒人柄紹介や仕事上のエピソードなど
4.二人の門出を祝して私からアドバイスを贈りたいと思います⇒「3つの袋」の話や「50×50」の話
少々長くなりましたが、これをもちまして私のお祝いのご挨拶とさせていただきます。
本日は本当におめでとうございます!

結婚式のスピーチ、友人の例文

友人代表のスピーチでは、あまり堅苦しくはならない方が良いでしょう。
しかしだからといって、あまり悪ノリするのも顰蹙(ひんしゅく)を買います。

時々見かけますが、新郎新婦のそれまでの異性関係に触れたり、秘密の暴露は絶対に避けてください。
面白いのは言っている本人だけで、新郎新婦もそれぞれの親族も、ただ迷惑なだけです。

何より折角の結婚生活への船出を、後味の悪い物にしてしまいます。

*友人代表のスピーチにおける重要ポイント
・あまり堅苦しくなりすぎないように⇒かと言って悪ノリにならないように(異性関係や暴露は絶対にNG”!)
・友人だからこそのエピソード⇒今まで親しく付き合ってきたからこそ知っている楽しいエピソードを
・長くなりすぎないように⇒3分~5分以内

*友人代表のスピーチの構成
1. お祝いの言葉:新郎新婦、両家の親族へのお祝いを言います。
2. 自己紹介:自分の名前と新郎新婦との関係について話す。
3. 新郎新婦とのエピソード:新郎新婦との思い出などについて話す。
4. 2人へのメッセージ:これから新しい人生を共に歩いていく新郎新婦に向けてメッセージを贈る。

*友人のスピーチの一例
1.◯◯君(新郎の名前)、△△さん(新婦の名前)、並びにご両家のご親族の皆様、本日は誠におめでとうございます。
お二人、並びにご両家のご親族の皆様には心よりお祝いを申し上げます。
2.ただ今ご紹介にあずかりました私は、新郎(新婦)と同じ高校の同級生の○○でございます。
僭越(せんえつ)ではございますが、友人としてご挨拶をさせていただきます。
3.◯◯君(△△さん)とは、高校で同じクラスだったことから仲良くなりました…⇒具体的なエピソードを紹介。
4.私たちも羨ましくなるような、素晴らしいご家庭を築いて行かれることと思います。
これからのお二人の幸せを心より願っております。
長くなりましたが、これをもちまして私の挨拶とさせていただきます。
本日は本当におめでとうございます。


スポンサードリンク

結婚式のスピーチ、乾杯の例文

乾杯の挨拶は、ダラダラと話し過ぎず簡潔かつテンポ良く「乾杯!」に移行しましょう。
そして「乾杯!」のタイミングを合わせやすいように声をかけることが大切です。

*乾杯挨拶のスピーチにおける重要ポイント
・エピソードなどは控えめにして簡潔に話す⇒これから始まる宴の開始合図なので、宴へのスムーズな移行を優先する
・乾杯のタイミングを合わせやすく⇒「乾杯!」の発声の前に「ご唱和お願いします」などの準備言葉を入れる
・時間は手短に⇒3分以内

*乾杯のスピーチの構成
1. お祝いの言葉:新郎新婦、両家の親族へのお祝いを言います。
2. 自己紹介:自分の名前と新郎新婦との関係について話す。
3. 新郎新婦とのエピソード:新郎新婦との思い出などについて話す。
4. 2人へのメッセージ:これから新しい人生を共に歩いていく新郎新婦に向けてメッセージを贈る。

*乾杯のスピーチの一例
1.◯◯君(新郎の名前)、△△さん(新婦の名前)、並びにご両家のご親族の皆様、本日は誠におめでとうございます。
お二人、並びにご両家のご親族の皆様には心よりお祝いを申し上げます。
2.ただ今ご紹介にあずかりました私は、◯◯君(△△さん)と同じ職場の○○でございます。
僭越(せんえつ)ではございますが、ご指名でございますので、乾杯の音頭を取らせていただきます。
3.◯◯君(△△さん)とは5年間一緒に仕事をしており…⇒具体的なエピソードを短く簡単に紹介。
4.それでは乾杯をしたいと思います。皆様声高らかにご唱和お願いします。
これからのお二人の幸せ並びに、ご両家ご親族・本日ご列席の皆様の益々のご繁栄を祈念いたしまして「乾杯!」

結婚式のご挨拶(ウェルカムスピーチ)

新郎新婦の挨拶(お礼のスピーチ)がプログラムに入ることも多いです。
一般的には新郎が代表して挨拶をします。
ご参列のゲストの方々へ感謝の気持ちを伝えましょう。

*新郎新婦のスピーチにおける重要ポイント
・ゲストへの感謝の気持ちを伝える。
・挙式を済ませた報告をする
・短く簡潔に⇒1~2分以内

*新郎のスピーチの構成
1. ゲストへのお礼の言葉:ご参列のゲストの方々への感謝の気持ちを表す。
2. 婚儀の報告:挙式を済ませた報告をする。
3. ゲストの方々へのメッセージ

*新郎新婦挨拶の一例
本日はお忙しい中、私たちのためにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。
先ほど、ホテルのチャペル(或いは神前)におきまして、皆様に祝福いただきながら、無事に結婚式をあげることができました。
これも、ひとえに私たちを温かく見守り、支えてくださった皆様方のおかげだと感謝しております。
短い時間ではありますが、どうぞおくつろぎいただき、楽しいひと時をお過ごしください。
本日は誠にありがとうございます。

 

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑