北朝鮮とアメリカは戦争になるのか?日本への影響も大胆予測!

公開日: 

SLBM
連日テレビのニュースで流れる、北朝鮮の核実験やミサイル発射実験の脅威。
これに対して強硬な姿勢を崩さないアメリカ。

原子力空母カール・ビンソンを朝鮮半島付近に展開するという情報が出ると、北朝鮮は「一撃で沈める準備を整えた」と挑発的報道。
もう、どうなってしまうのか分からないような混迷した状況に見えます。

しかし、私個人的には北朝鮮もアメリカも最終的には戦争を回避する方向に進むと考えています。
「進んでほしい」という期待…なのかも知れません。

この問題を考える時に、私が一番気がかりなのは、日本の国会です。

森友学園の問題も大事じゃないとは言わないけれど、今国会議員たちが口角泡を飛ばしてでも議論すべきは、安全保障問題じゃないのか?と。
日本では防衛予算を増額する方向の発言をすると「軍国主義に回帰する」「戦争を始める」などと飛躍した論調で非難され、言論を封じ込められます。

でも、今の日本人の心の有り様で、防衛予算を増額したからといって戦争を始めるなど、まったく滑稽な屁理屈と言わざるを得ません。
むしろ戦争を回避するためにこそ、防衛予算を増額する必要があると思います。

軍事力が高いから手を出せない、という状況を作っておかないと、将来日本を守れなくなる懸念がどんどん高まって来ています。
憲法9条含めた憲法見直しの是非にこそ、議論の時間を割いてほしい。

切にそう願います。

スポンサードリンク

北朝鮮とアメリカは戦争になるのか?

まず、北朝鮮とアメリカが戦争になる可能性はどの程度あるでしょうか?
世界一の核保有国アメリカと、認められてはいないけど明らかに保有している北朝鮮。

両国の軍事力には相当な差があります。
しかし、軍事力に差があっても、核兵器は一発あると相当な力になります。
一発で相手国を壊滅的な状況にまで追い込むことが出来るからです。

日本を除く多くの国が、認められなくとも非難されても、核開発をするのはそういう力を得るためです。
金正恩がアメリカをあれだけ挑発できるのは、核兵器を持っているからです。

金正恩が考えていることは、おそらく金王朝(自分たち)の存続です。

ですから、自分がアメリカを攻撃したらその何倍にもなって帰ってくることは当然知っていますので、北朝鮮が本当に攻撃に出ることは冷静に考えるとあり得ません。
破れかぶれに「道づれ」で自滅を選ばない限りは。

一方アメリカは、北朝鮮よりもずっと大きな軍事力があります。
ですからその軍事力を背景に、圧力をかけ続けています。
今までは「世界の警察」として、様々な国で戦争してきたアメリカです。

実は第2次大戦終結後も現在まで、アメリカは各地で戦争をし続けて来たのです。
アメリカ国民の心情としても、もうこれ以上「自国の若者たちを戦争で死なせる」ことに、うんざりしているのです。

ましてや北朝鮮はSLBM(潜水艦から発射する技術)実験に成功していますので、どこから発射されるか分かりません。
確実に自国に届く核弾頭を搭載したミサイルが一発でもあったら、現実的には先制攻撃もできません。

アメリカとしても本音は戦争は絶対に避けたいはずなのです。

スポンサードリンク

金王朝を存続させたい北朝鮮、戦争で自国の若者たちをこれ以上死なせたくないアメリカ、どちらも戦争を回避したい理由は明白です。
従って現実的には戦争は回避される、というのが私の個人的な予測です。
(甘いかな…?)

北朝鮮とアメリカが戦争になったら、日本はどうすべきか?

前章では北朝鮮、アメリカ双方とも戦争を回避したい理由が明白なので、戦争は回避されるという予測を書きました。
しかし、何が起きるか分からないのも世の常です。

金正恩がヤケッパチになって、核ミサイルの発射ボタンを押す可能性はゼロとも断言はできません。
一方アメリカも、圧倒的な軍事力で優位に立っていますので、イザとなったら本当に攻撃するかもしれません。
実際にシリアを爆撃したのは、つい最近のことです。

ですから冷静に考えれば戦争回避でも、当事者たちが冷静であるかどうかは分かりません。
そのため可能性という意味ではゼロとは言い切れないのです。

そんな中で私たち日本人はどうすべきなのか?
まずは可能性に備えること。
とは言っても急に核シェルターなども作れる訳でもないし、具体的にできる事はそう多くはありません。

せめて心構えはしておいて、万が一の時には地下街に避難するとか、国内の大混乱に備えて、水や食料を準備しておくくらいならできるはずです。
そして、トランプ政権が先制攻撃を踏みとどまるよう、声を上げて行くことです。
世論によって抑制を促すのです。

北朝鮮とアメリカが戦争になった時、日本への影響はどの位あるのか?

万が一北朝鮮とアメリカが戦争になったら、日本への影響は相当あると考えるべきでしょう。
東京や大阪など、日本の主要都市に照準を合わせたミサイルは、すでに配備されていると言われています。

また、アメリカ軍のアジア戦略の拠点は日本ですから、日本国内の米軍基地も具体的な攻撃対象となるでしょう。
従って、戦争になった時の日本への影響は、100%と言えると思います。
日本も否応なしに戦争の当事国になる訳です。

これは戦争反対派が「絶対反対ー!」と叫んでも、始まったら必然的に当事国になります。

ですから、何が何でもアメリカと北朝鮮の戦争は、阻止しないといけないのです。
冒頭に森友学園問題より安全保障の議論をすべきだと書いたのは、こういうことなのです。

戦争を回避するために軍備を増強する
平和を維持するために憲法改正をする

こういうことが今、目の前の必要として迫っていると思いますが、あなたはどう思いますか?

「米軍は沖縄から出て行け」と主張する人達は、同時に米軍撤退と同時に生まれる軍事的空白をどう埋めるか?も主張しなければいけないのです。

まとめ

私は現行憲法は9条だけでなく、全面的に改正するべきだと考える者です。
なぜなら、戦後GHQによって一週間程度で作られた憲法だからです。

日本国憲法なのに、日本人の意思や意向は無視されて作られているからです。
日本の弱体化が隠れた目的となっている憲法だからです。

戦後70年も経っても、完全に独立した国家とは言えないのも、こんな押し付けられた憲法を後生大事に守ってきたからだと思います。

「だから今まで平和だったんだ」という方々には、あえて言いたい。
「この先は自力で日本を守れる力がないと、独立国家とは言えないよ」と。

そもそもいくら戦勝国とはいえ、敗戦国の憲法を変えることは国際法違反じゃなかったっけ?

 

 

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑