4/29北朝鮮ミサイル失敗?その思惑と戦争の可能性を考える!

公開日: 

ミサイル追いかけ
丁度ゴールデンウィークの入りっぱな、4/29(土)の5時30分頃、北朝鮮は又もや大陸間弾道ミサイルらしきものを発射しました。
メディアでは「失敗」と報じていますが、私はわざとではないか?と思っています。

今までにも北朝鮮は、幾度となく失敗を重ねてきました。
その度に私たちは、北朝鮮の技術レベルを低く感じることはなかったでしょうか?

しかし「失敗は成功の母」と言います。

その証拠に失敗を繰り返しながら、確実に技術力が上がっています。
今では事前察知が困難とも言われる、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)にも成功しています。

これは脅威です。
ミサイルの航行距離が短くても、近づいて発射できるし事前察知が難しいからです。

私は北朝鮮という国は、まだ経済発展は遅れているものの、侮ってはいけない国だと感じています。
今回は、先日のミサイル発射について、考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

4/29北朝鮮ミサイル失敗?

私が4/29の北朝鮮によるミサイル失敗がわざとではないか?と感じる理由は、内陸部に向けて発射していること。
今まではほとんどが海(日本海側)に向けての発射でした。

しかし今回は内陸に向けて発射し、爆発しました。
これは万が一にも他国領域に着弾させないためではなのかな?と。

金正恩も韓国や日本、すなわちアメリカの同盟国の領域に着弾してしまったら終わりだと分かっていると思います。
だから、自国領内で爆発させて、発射した事実だけを見せているのではないだろうか、と思うのです。

もしかしたら、アメリカなど敵対視している国家への威嚇以外の思惑があるのかも知れません。

4/29北朝鮮ミサイル発射の思惑は?

今までにも北朝鮮は、なぜか航行距離の短いミサイルの発射実験を、これ見よがしに行ってきました。
「え?何で今さらノドン?」と思われる様な時もありました。

しかし、北朝鮮情勢に詳しい専門家によると、あれはミサイルを売るためのデモンストレーションではないか?と指摘しています。

北朝鮮は日本やアメリカ、韓国などとは国交がありません。
しかし、大使館がある国は意外なほど多いのです。
世界中に120カ国以上あると言われています。

そして、北朝鮮にとっては兵器は外貨獲得のための商品でもあるのです。
例えば、イランとサウジアラビアはペルシャ湾を挟んで対立していますが、そのどちらもが北朝鮮の顧客である可能性があるようです。
だから、航行距離の短いミサイルは、ペルシャ湾を超えられれば良い、とする見方もあり、イランかサウジアラビアに宣伝するための発射実験との指摘もあります。

スポンサードリンク

もしそうだとするなら、私たちが見ている北朝鮮は、私たちの想像を超えた思惑を持っていると思われます。
私たちは北朝鮮を「貧乏な国」という印象を持って見ている傾向がないでしょうか。
一説によると、北朝鮮のGDPは島根県と鳥取県を合わせた位、という専門家もいます。

しかし、北朝鮮の本当の情報はなかなか掴めません。
私たちの知らないところで、大金を稼いでいる可能性も否定できないのです。

北朝鮮のミサイル発射実験で戦争になる?

現時点ではアメリカも、先制攻撃の可能性を表明してはいます。
しかし、北朝鮮の本当の情報は、多分誰も知らないはずです。

そんな状況の中、アメリカ本土まで届くテポドン2が開発された今、トランプ大統領も本当には攻撃できないだろうと思います。
核爆弾を何発持っているのか把握できない中、アメリカ本土に向けて核弾頭を積んだミサイルが発射されたら、相当数の死者が出るからです。

万が一本当に戦争になったら、軍事力の差は歴然としていますから、あっという間に北朝鮮は焦土と化すでしょう。
金王朝を存続させたい金正恩としても、本当の戦争は望んではいないはずだと思います。

いくらアメリカの軍事力が圧倒的に優勢でも、核ミサイルを発射されたら、アメリカも無傷ではいられません。
もちろん日本や韓国も同様です。
先日の実験でも、複数発を同時発射できるわけですし、両国とも駐留米軍がいる訳ですから。

結局、アメリカ、北朝鮮双方とも、戦争は望まない訳です。
ではなぜ双方とも挑発的なメッセージを発するのか?

これはいずれ来るかもしれない交渉を、有利にするための駆け引きではないでしょうか?

こういった理由で、私個人的には戦争にはならないと見ています。
ならないで欲しいという、願望も含めてですが…。

世界の平和のため、日本の平和のためにも話し合いで情勢が沈静化することを望みます。

まとめ

私は現実的なリスクを考えると、アメリカも北朝鮮も戦争は回避するだろうと思っています。
ですが、私たちは可能性は常に考えておくべきだと思います。

安全保障の問題は、こういう近隣国がある今、喫緊の課題です。
日本も自国を自力で防衛できる、普通の国になることを切望しています。

やり返されるかもしれない奴には、なかなか手出しはできないですもんね。

 

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑