熱中症対策の水分補給!経口補水液とスポーツドリンクを比較!

公開日: 

段々暑さも本格的になってきて、真夏日が多くなってくると気になるのが熱中症ですね。
たかが熱中症と侮ってはいけません。

熱中症は重症化すると死に至ることもあるのです。

熱中症は、気温や湿度が高い場所に長時間いると、発症のリスクが高まります。
汗をかいても水分補給ができない状況だったり、涼しい場所に移動できないと起きる可能性が高くなります。

私たちは体内の温度が高くなると、汗をかくことで熱を体外に放出して体温調整をします。
しかし、水分が補給できない環境では、水分が足りなくなり脱水症状を引き起こします。

そうなると汗も出にくくなるので、体内の温度が上がり過ぎ、多機能不全になる可能性があります。
手足がけいれんしたり、意識障害がおこることもあります。

ですから、暑い季節には水分をマメに補給して、体温の調節に備える必要があるのです。
汗をかく準備をしておくわけですね。

今回は、暑い夏の熱中症対策として、水分の補給について考えてみます。

スポンサードリンク

熱中症の対策には、まずは水分補給

熱中症対策のポイントの第一は、水分補給でしょう。
でも、水分補給のタイミングなど気になりませんか?

まずはそのタイミングですが、熱中症の症状が出る前に水分補給することが望ましいとされています。
熱中症の症状の代表的なものを上げておくと
・すごく喉が渇く
・めまい、立ちくらみ
・生あくび
・頭痛
・吐き気
・手足のけいれん
・倦怠感
・意識混濁
・発汗の異常(汗が出過ぎ、出なさすぎ)

これらの症状が出る前、つまり喉の渇き初めまでには水分補給しておきたいものです。
すると熱中症は予防できる可能性が高まります。
重症化を予防するためにも、熱中症のサインを知って、早めの対処を心掛けておきましょう。

次章ではその、補給する水分について考えてみたいと思います。

熱中症対策で水分補給には経口補水液?

熱中症が心配になるほど暑くて汗をかいたら、水分だけでなく電解質も汗と一緒に体外に出てしまします。
電解質とは、ナトリウム、カルシウム、カリウムなどのミネラル分です。

よく「熱中症予防には水と塩を補給」と言われるのは、この電解質も補給する、という意味です。
水と塩を常に持ち歩いている人もあまりいないと思いますので、それらがバランス良く配合された「経口補水液」が発売されています。

熱中症経験のあるタレントの所ジョージさんが、経口補水液【OS-1】のCMに出ていますね。

この「経口補水液」がどんなものか、試しに買ってきて成分や味などを比較してみました。
飲んだ商品は【OS-1】と【ココカラファインの経口補水液】です。

以下に比較します経口補水液

①【OS-1】 購入価格:205円(清涼飲料水)
※成分表示
・糖類(ブドウ糖・果糖)
・食塩
・添加物・クエン酸(Na)
・塩化K
・リン酸Na
・塩化Mg
・甘味料(スクラロース)
・香料
※飲んだ感想
薄味のスポーツドリンクの様な味。塩分の味が濃い。甘味薄め。

②【ココカラファイン経口補水液】 購入価格:181円(清涼飲料水)
※成分表示
・果糖ブドウ糖液糖
・食塩
・クエン酸(Na)
・塩化K
・乳酸Na
・香料
・リン酸Na
・硫酸Mg
・グルタミン酸Na
・甘味料(スクラロース)
※飲んだ感想
薄味のスポーツドリンクの様な味。塩分の味が濃い。甘味薄め。OS-1よりややフルーツっぽい味。

どちらも同じように、スポーツドリンクを薄めた様な味で、やや塩味が濃い目に感じました。


スポンサードリンク

スポーツドリンクでも熱中症対策になる?

経口補水液が「スポーツドリンクっぽい味」だったので、スポーツドリンクも比較してみました。

以下に比較しますポカリ

①【ポカリスエット】 購入価格:105円(清涼飲料水)
※成分表示
・砂糖
・果糖ブドウ糖液糖
・果汁
・食塩
・酸味料
・香料
・塩化K
・乳酸Ca
・調味料(アミノ酸)
・塩化Mg
・酸化防止剤(ビタミンC)
※飲んだ感想
OS-1や経口補水液に味は似ているが、塩味感はやや薄め(電解質濃度が低い?)。甘味はやや強い。

②アクエリアス 購入価格:95円(清涼飲料水)
※成分表示
・果糖ブドウ糖液糖
・塩化Na
・クエン酸
・香料
・クエン酸(Na)
・アルギニン
・塩化K
・硫酸Mg
・乳酸Ca
・酸化防止剤(ビタミンC)
・甘味料(スクラロース)
・イソロイシン
・バリン
・ロイシン
※飲んだ感想
これもOS-1や経口補水液に味は似ているが、塩味感はやや薄め(電解質濃度が低い?)。甘味はやや強い。

まとめ

経口補水液2種類と、スポーツドリンク2種類を比較してみた結果、味はどれも同じような味でした。
ですから、飲んだ感じとしてはどれを飲んでも良いのかな?という印象になります。

ただ、表示されている成分の量が記載されていないので、効果は残念ながら予測できませんでした。
成分表示を比較すると、どちらかと言うと経口補水液よりスポーツドリンクの方が、添加物の種類が多いようです。

また味の比較でも、経口補水液よりスポーツドリンクの方が甘味が強いので、砂糖などの甘味料を多く使っている可能性もありそうです。

「砂糖の摂り過ぎは、塩分の摂り過ぎより危険」という医師もいます。
ですから、甘すぎる物は避けたいところです。

という訳で、糖分はそんなに要らないから、自分で作ってみようと思います。

※手作り経口補水液の材料
・ミネラルウォーター1リットル(なるべく硬度が高いもの=電解質が多いもの)
・自然海塩3~5g(海水から作った塩には電解質が多い)
・ハチミツなど自然の甘味料20g位

この手作りのメリットは
・食品添加物が入らない
・ミネラル豊富な自然塩
・甘味料も自然な物
かなり安全な飲物になるので、安心して大量に飲んでも大丈夫です。
味はお好みで、塩と甘味料の量を加減して下さい。

以上、熱中症対策の「水分補給」についての考察でした。

 

 

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑