レンタル農園での野菜作り、夏野菜の収穫7月12日

公開日: 

収穫
私は8年ほど前から、自分で食べる野菜は極力自分で作っています。
キッカケは、明確には覚えていませんが、中国産の野菜に大量の農薬が使われている、というドキュメンタリーをテレビで見た事だった気がします。
地元の中国人でさえ、自国産の野菜を食べる時は「これでもか!」というくらい洗うそうです。
そしてスーパーなどで特売品になっている野菜は、安いからつい買ってしまいますが、ほとんどが中国産かも知れないのです。
そんな事をきっかけに、レンタル農園を探し始めて見つけたのが、今借りている【気まま農園】です。
千葉県の市原インターチェンジのすぐ近くにあります。

スポンサードリンク

トマト、キュウリ、ズッキーニ、ナス、ゴーヤ、ピーマン、ししとう、トウモロコシ、スイカ

毎年同じような野菜を作っていますが、今は夏野菜の収穫期。
今年植えた夏野菜は、トマト、キュウリ、ズッキーニ、ナス、ゴーヤ、ピーマン、ししとう、トウモロコシ、スイカです。
収穫量はその年で違いますが、出来る時は大量にできますから、同じ野菜をずーっと食べ続けることになります。

でも、自然相手ですから、全然育たないことも有ります。
今まで全く収穫できなかったことはありませんが、少ないことは時々ありました。

なんかジンクスのようなものもあって、私はニンニクと里芋とニンジンだけは、上手く行った試しがありません。
11坪が一区画なのですが、隣の区画ではニンニクと里芋とニンジンがものすごく育っていたりもするのです。
面白いですね。

夏野菜たちの収穫状況は?

では、私の今年の夏野菜の収穫状況をお伝えします。
今年の収穫量は、まあまあといったところです。

トマトとゴーヤが量が増えてきました。
気温が上がってきたからですね。

野菜別に見て行きます。

トマトは、赤い実が多くなってきて、木も元気だと思います。
普通サイズの赤玉と、黄色い玉、小さいサイズの3種類を植えています。
小さいのがフルーツトマトに近い品種で、糖度が高くておいしいです。
トマト

せいぜい来られても週に一回くらいですから、キュウリはお化けのようなサイズになります。
ここ数年、普通のサイズのキュウリはあまり食べていないかも?
成長速度が速いので、多くがお化けサイズになってしまいます。
キュウリ
左が収穫したキュウリで、右が売っているキュウリの最大サイズです。
いかに大きいか分かりますね。
でかキュウリ
農家ではニーズがないので捨ててしまうのでしょうが、私は愛おしくて捨てる気になりません。
野菜も生き物ですから、育てていると感情移入するのです。
作ると言いますが、育てる感覚なんです。

ほとんどを持ち帰って、何とか食べようと試みます。
今年は試しにやってみたら、案外美味しく食べられたんですが、ダシで炊いて”冬瓜”の様な食べ方ができる事を発見しました。
案外美味しいです。

外皮を剥いて、種をスプーンでこそぎ取って、ザクザク切って鍋に投入。
しばらく煮込んだら、完成です。
写真では中華スープでイカを一緒に煮ていますが、シーフードミックスでも良いと思います。
冬瓜風中華
もう一品、しょうゆ味の和風も試してみました。
結構いけます。
冬瓜風和風

ゴーヤも気温の上昇とともに、元気一杯です。
これからさらに収量が上がるはずです。
ゴーヤ

毎年ゴーヤは2本植えるのですが、食べきれないので今年は1本にして、隣にスイカを植えてみました。
ゴーヤの葉の勢いがすごくて、圧倒されてしまうのでしょうか?
スイカはイマイチ実が付きません。
一つだけ大きくなってきました。
スイカ

ナスは先日の強風で枝が折れてしまったので、今年は少なめです。
それでも「ナスに無駄花なし」と言われるように、結構沢山成っています。
なす
ちょっと気になっているのですが、今年はピーマンとシシトウがあまり育ちません。
で、今日ふと思ったのですが、昨年と同じ場所に植えてしまったかも?
もしかしたら、連作障害かもしれません。
キチンとメモを取ったりせずに、大まかな感性でやっていますので、こういうミスも時々ありますがご愛嬌。
Pししとう
ズッキーニもデカくなりすぎて、ブッキーミですな、こりゃあ。
ズッキ

トウモロコシはそろそろ収穫時期ですが、タイミングが遅れるとカラスに先に食べられてしまいます。
まあ、彼らも生きるのに必死ですから、おすそ分けということにしておきましょう。
カラス
今年は初めてアスパラを植えてみました。
アスパラは数年収穫が続けられる野菜だそうですが、初収穫まで時間がかかるようです。
多分来年の今頃は、少し収穫できるのではないかと思っています。
アスパラ
夏野菜ではありませんが、ネギも育っています。
ネギは伸びてきたらどんどん土を被せて、山を高くして行きます。
その山の中の部分が、あの白い食べる部分です。
日光に当たらないから白いんですね。
ネギ

この畑、おまけがあるんです。
毎年植えていないのに勝手にシソが生えるんです。

どこかから種が飛んでくるのでしょう。
私は無類の薬味好きですから、ちょっと得した気がします。
小市民っぷり全開です(笑)

スポンサードリンク

取れすぎた夏野菜の調理法

大きくなりすぎて食べきれなくて腐ってしまう前に、料理しておければ無駄がなくて良いですよね?
キュウリの所で書いた、”冬瓜風”以外に、もう一つ作ってみました。
ラタトゥーユです。
これも野菜を煮込んでカサが少なくなりますから、消化にはうってつけだと思います。

らた

 

 

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑