北朝鮮の暴発の可能性とアメリカの対応、日本はどう備えるか?

公開日: 

ミサイル発射
最近では北朝鮮の金正恩の挑発的言動に、アメリカも一切引かない気配を見せています。
両国とも軍事力を背景に、相手に譲歩を求めています。

双方とも相手側に先に行動を求め、そうしたら考える、というような交渉を展開しています。
アメリカ側は話し合いの用意はあるが、核開発を止めれば、という条件付きだし、北朝鮮側はしばらく見守る、というようなことを言い始めています。

一見”一触即発”の様相ですが、実際の所はどうなんでしょうか?

様々変化する国際情勢ですが、メディアはあまり本当の事は伝えていないようです。
ですから私は、有料コンテンツで情報を得ています。

スポンサーの都合などに影響されない分、質の高い情報が得られると考えているからです。
複数の情報を得ていますが、それらを総合して現在の北朝鮮とアメリカの戦争の可能性を考えてみたいと思います。

スポンサードリンク
  

北朝鮮の暴発の可能性はどのくらいあるのか?

まずは北朝鮮とアメリカが本当に戦争になるとしたら、北朝鮮が暴発するか、その兆候を感じたアメリカが先制攻撃するか、ということでしょう。
金正恩は、グアムに届くミサイルを準備している、とアメリカを挑発しています。
それに対してトランプは、「万が一グアムに少しでも何かしたら後悔することになるぞ」と軍事的な圧力をかけています。
同時にティラーソン国務長官は、話し合いの準備もある、という意味の発言もしています。

ところで、金正恩が最終的に目指すのは「金王朝」の存続です。
自分が生き延びるために何が必要か?ということは、相当深く考えているはずです。

実際のところ、北朝鮮としては本当に戦争になったら、アメリカに勝てるとは本気では思っていないでしょう。
ですからアメリカと戦争になったら、本来の目的である「金王朝」の存続の可能性が無くなります。

従って、いわゆる有識者の間では、金正恩は実際には暴走しない(出来ない)という見方が支配的です。
ということで、現時点では北朝鮮が本当に暴走する可能性は、限りなく0に近いと言えます。

北朝鮮が暴発したらアメリカは応戦する?

北朝鮮がもし暴走したら、アメリカは応戦するでしょうか?
それは暴走の仕方にもよるはずです。

今の段階では同盟国に対してでも、北が何かしたらアメリカはただでは置かないというムードがあります。
しかしこれについては、実際のところどうでしょうか?

認められてはいないというものの、北朝鮮は事実上核保有国です。
アメリカとしては一発でも核爆弾を落とされたら、たまったものではありません。

スポンサードリンク

アメリカファーストを考えたら、いくら同盟国でも他国のためにアメリカを危機に陥れることが出来るのか?
正直私は疑問を持っています。

アメリカに対して攻撃を仕掛けてきたら当然報復があり、そのまま戦争に突入するでしょう。
日本では、アメリカが日本を防衛するかどうかをずいぶん心配していますが、過度に期待してはいけないと思います。

アメリカの若者が、戦えない日本のためになぜ血を流さなければならないのか?
こういう風に考えたとしても、全く不思議ではありません。

北朝鮮の暴発に日本はどう備えるべきか?

アメリカと戦争したら、北朝鮮は崩壊するのは間違いないと思います。
もしそうなったら、アメリカにも相応の犠牲は出るはずです。

アメリカは長年にわたって戦争をし続けてきましたから、アメリカ国民はもう嫌気がさしています。
ですから米朝両国とも、戦争は避ける方向に進むはずです。

現時点では、両国とも交渉で主導権を握るための駆け引きでの挑発、つまりチキンレースをやっているようなものです。
しかし、北朝鮮が暴発する可能性は、わずかながらないこともありません。

・挑発し合いから金正恩が激怒したら…
・金正恩が自暴自棄になったら…
・北朝鮮の動きをアメリカが誤解して、先制攻撃をしたら…

冷静な状況ではまずあり得ないと思いますが、その冷静さを欠く状況が生まれたら可能性はあるかも知れません。
現実的には可能性は限りなく0に近いですが、日本としては準備だけはしておかなくてはいけません。

有事が起きる前提で対処方法を考えておく必要があるのです。
危機管理とはそういう物でしょう。

ミサイルを迎撃する準備はしているようですが、軍備増強なども検討しておくべきではないでしょうか?
そして情報収集を今までよりも密にできるように態勢を作っておく必要もあります。

自国を防衛できる普通の国家になるために、私たち国民も真剣に考える時に来ていると思います。
日本では軍事費を増やすような発言をすると、世論から袋叩きに合う風潮があります。

しかし、自国防衛を自力で行う事を棄権してしまった国家など、存続できる訳がありません。
そろそろ当たり前のことが当たり前にできる国にして行かないと、危険極まりない事態が近づいています。

まとめ

・アメリカと北朝鮮が本当に戦争になる可能性は、限りなく0に近い。
・金正恩が自暴自棄にでもなるか、アメリカが何かの間違いで先制攻撃したら可能性が出てくる。
・日本は自国を防衛できるように準備しておく必要がある。

以上、最近の金正恩、トランプの言動からどう予測しどう準備すべきか考えてみました。

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑