レンタル農園での野菜作り 秋冬準備

公開日:  最終更新日:2018/01/24

夏野菜のトマト、キュウリ、ゴーヤを先週終わらせました。
そして今日は、作っておいた床に秋冬野菜の植え付けを行いました。
植え付け準備
まずは準備として、床のマルチ(ビニールシート)の上に苗を並べておきます。

穴あけアップ
このギザギザの歯が付いた穴あけ器で、植え付けるための穴を開けます。
穴あけ器

ブロッコリー柱
ブロッコリーは結構伸びているので、風で折れないように支柱を立ててひもで支えます。

キャベツ
これは多分キャベツだと思いますが、実はブロッコリーもキャベツも苗の時はほとんど見分けがつきません。
同じ科の野菜なんですね。

カリフラワー
これは多分カリフラワーです。

スポンサードリンク

白菜植付
白菜です。
さすがに白菜は区別ができます。

大根種まき
大根は一つの穴に3粒種をまき、芽が出て少し育ったころ一番元気が良い物を一本残して間引きます。
安定的に収穫するための先人の知恵ですね。

ホウレン草種まき
ホウレン草も3粒ずつ種を蒔きますが、これは育っても間引きしません。
面倒くさいんです。
結構いい加減なんです。私。
それでも土と太陽と雨が、勝手に育ててくれます。

夏野菜と一緒に植えた茄子とピーマンは、もう少し続けます。
ナス
ピーマン

そして今年植えたアスパラですが、1本だけ収穫できました。
アスパラ
アスパラは時間がかかると聞いていたので、収穫は来年だと思っていました。
少しとは言え、今年収穫出来たのは意外でした。
ソテーにして頂きましたが、甘みがあって美味しかったです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑