花粉症の原因を知って鼻づまりや頭痛に薬要らずになる!

公開日:  最終更新日:2019/01/29

そろそろ今年もまた、花粉症の時期が近づいてきました。
敏感な方はもう、目がかゆくなって来たりしていませんか?
次には鼻づまりで眠れなくなったり、薬が手放せなかったりしますよね。
でも毎年繰り返すということは、治っていないということ。
だから今回は、花粉症の解決方法として、意外だけどすごく効果的な情報をお届けします。
続きを読み進めて頂くと、きっとあなたも「へー、そうなの?」と思うと思います。

花粉症の鼻づまり解消法に意外だけどすごく効くもの

花粉症の代表的な症状は、
・鼻づまり
・鼻水
・睡眠への悪影響
・目の充血
・目のかゆみ
・涙が出る
・頭痛
・頭重
・のどの痛み
だいたいこんなところが代表的でしょうか?

中でも鼻詰まりは、息苦しくて眠れなくなることも少なくありません。
私の知人には、毎年花粉症による鼻づまりで、首を絞められる夢を見て目が覚めてしまう、という人がいます。
こうなってくるともう、常に睡眠不足になり、日中に眠かったり、集中力が続かないなど、仕事にも悪影響が出てきます。

そこで、耳よりな情報です。
花粉症って、整体で改善するってご存知ですか?

意外かもしれませんが、本当なんです。
しかも即効性があります。

あなたもお悩みなら、是非一度花粉症対策が得意な整体を試してみて下さい。
きっとビックリされると思います。

花粉症の原因と薬の効果について

花粉症は、花粉が原因(アレルゲン)となって抗体ができ、次にそれが体内に侵入してきた時にヒスタミンなどの分泌により、咳やくしゃみ、涙、鼻水などで排出しようとする働きです。

スポンサードリンク

ですから薬では、抗ヒスタミン性の薬が処方されることも多いのですが、ヒスタミンの分泌を抑えても、症状に対応しているだけで、花粉症そのものを改善するものではありません。
ですから、薬が効いているうちは症状も軽減しますが、薬を飲まないと又症状が再現されます。
これが毎年繰り返す要因となります。

花粉症の改善が得意なある整体では、「花粉症は内臓の機能低下が本当の原因」と推測しています。
ですから、内臓の機能を改善することで、根本解決を目指すことが出来る訳です。

そんな訳で、効果が一時的な薬より、整体で根本的な改善を目指す人が増えてきているのです。

花粉症と頭痛はどのくらい関係ある?

花粉症から頭痛になる人は、かなり多いです。
最初は頭重から始まって、頭痛に発展して行くパターンが多いようです。

鼻がつまって、目もかゆくて、頭が重かったり頭痛がしたり。
うっとうしいですよね。
花粉症と頭痛はかなり関係が深いので、花粉症の人は春先からゴールデンウィーク頃まではいつもスッキリしない感じで辛いものです。

頭が重かったり痛かったりしたら、物事に集中できませんので仕事の能率も落ちるし、深刻です。

まとめ

今回は、花粉症対策に効果的な整体があることをお伝えしました。
一度試しに行ってみてはいかがでしょうか?

薬で抑えるのも良いですが、毎年繰り返すなら別の方法を試すことは解決の可能性を探す道ではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑