秋冬の乾燥肌の痒みを風呂上りに市販の薬で解決!おススメです!

公開日: 

秋から冬にかけては空気が乾燥してきます。
乾燥肌の人にはイヤな季節ですね。
私もその一人で、毎年強いかゆみに悩まされ、風呂ですねを掻きむしって出血する…
ということを繰り返していました。

でも試行錯誤の末、市販の薬だけで解決できたんです。
この記事ではその具体的な情報をお届けします。
あなたも掻きむしるのを止められると良いですね。

私の乾燥肌対策!強いかゆみも市販の薬でOK!

私の場合はすねが痒くてたまらなかったんです。
風呂に入り、体が温まると段々かゆみが気になりだします。
そして浴槽に入ると、そのかゆみがMAX!

掻いてはいけないと思うので、軽くなでたりしてみました。
するとその刺激で余計に痒く感じるんです。

で、次には「少しだけ…」と軽く掻いてみます。
そうしたらもう、耐えられなくなって結局強く掻いてしまいます。
そのうち「もういいや」という気になって、ぼりぼり掻くようになります。

ふと気付くとすねから出血しています。
.「またやっちゃったー」

こんなことを繰り返していたんですが、ドラッグストアで売っている市販の薬で何とかなったんですよ!
以下に詳しく説明しますね。

乾燥肌のかゆみ、風呂上りがキツイ

乾燥肌の方って、風呂上りがキツくないですか?
上がってしばらくすると、肌が乾いてくるからだと思います。

そんな時最初は保湿のために化粧水だけを使っていたんです。
「カツウラ」というのを使っていました。
これ、案外良かったんですが、少し時間が経つとまた痒くなってきます。
痒くなったらまた塗り込んで、を繰り返していました。

スポンサードリンク

まあ薬ではないので「カツウラ」だけでは解決できませんでした。
そんな時「保湿にはもっと気化しないものの方が良いだろう」と気付きました。

それで試したのが「馬油」です。
これも風呂上りにはある程度の効果を発揮してくれましたが、翌日風呂に入るとまた痒いんです。

私は乾燥肌のかゆみを市販の薬で解決しました

そしてある時思い付いたんです。
「昔からかゆみにはムヒ使ってるよな」
そうです、あの「ムヒ」を使ってみようと。

乾燥肌のケアは、馬油とカツウラで、それに加えて症状のかゆみ止めを別に実行した感じです。
早速ドラッグストアにムヒを買いに行きました。

これがドンピシャ!
ムヒの効果でかゆみが軽減し始めました。

それでも翌日風呂に入ると、また少しかゆみが強くなるので、カツウラをワセリンに替えてみたんです。
これも当たりでした。

なんと、かゆみが止まったまま安定しだしたんです。
安定しだすと、風呂に入っても我慢できるようになりました。

そして数か月たった今、全く掻かなくなり、すねのかさぶたも取れ元通りになりました。
今ではあんなに痒かった風呂上がりのスネも、全く気にしていません。

まとめ

最後に効果が出たものをまとめます。
・ワセリン
・馬油
・ムヒ
この3点をセットで使っています。

風呂上りにまずはムヒを比較的べったり塗り込みます。
その上から馬油を塗り込みます。
そしてしばらく置いて、寝る前に更にワセリンを塗って寝ます。

それで今では全くかゆみも出なくなりました。

ただ、これは私の場合に効果的だった、ということです。
すべての人に同じ結果が出るかどうかは分かりません。
ですから結果については一切の責任は持てませんので、ご了承下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑