テレワークで頭痛が悪化した!プロが教える頭痛対策!

公開日:  最終更新日:2020/11/18

新型コロナウィルスの感染をキッカケに、在宅勤務=テレワークをする方が増えていますね。
通勤しなくても良いし、安全なので会社によってはそのままテレワークに切り替えている会社もあるようです。

完全に切り替えないまでも、自宅で仕事出来るなら出社しなくても良い、という会社もあります。
テレワークできる条件としては、ネット環境下でパソコンでの仕事、ということになります。

当然パソコンの使用時間が多いわけですが、最初は肩こりから始まり、徐々にきつくなってきて、頭痛に発展している方が急増しているのです。
ここではテレワークで急増した、頭痛の原因と対策をプロの治療家である私が解説いたします。

改善可能な頭痛の見分け方

【緊張型頭痛】
最も多いのが首や肩周辺の筋肉の過緊張によるものです。
頭が重苦しく、締め付けられるような痛みを訴える方が多い頭痛です。
本人の感じ方は、首肩コリがキツくなって頭痛に発展するイメージです。

パソコン操作では、顔が長時間前に突出した姿勢でいます。
この姿勢は重い頭を支えるのに首の骨が柱の機能を失います。
すると首の筋肉だけで頭を支えなくてはならなくなり、首肩の筋肉がオーバーワークになります。
ですからパソコン操作を長く続けていると、首肩が非常に強くこり、それが頭痛に発展します。

パソコンの他にも、最近ではスマートホンの使用が多いことも、同様の問題につながっています。
緊張型頭痛では、多くが後頭部かコメカミのどちらか、あるいはその両方が痛みます。

【片頭痛】
片頭痛はズキンズキンと脈拍に合わせて痛むタイプの頭痛です。
左右片側に起こり、女性に多い傾向があります。
これは血管の異常拡張が原因と言われています。

ポリフェノールの過剰摂取は悪化要因になると言われていますので、片頭痛が出たら赤ワインやチョコレートは控えて下さい。
「目がチカチカする」という方もいますので、薄暗い部屋で横になって安静にしていると比較的早く治まるとされています。

【群発性頭痛】
半年から2~3年ごとにある期間に集中して出る頭痛で、非常につらいもので「のたうちまわるほど」という人もいます。
目の奥が非常に強く痛むことがあり、男性に多いとされています。

ここまで説明してきた「緊張型頭痛」「片頭痛(偏頭痛)」「群発性頭痛」は【一次性頭痛】と言いますが、つらくても命にかかわることはありません。
この命にかかわることのない一次性頭痛は多くの場合、痛みの出現場所に特徴があります。
後頭部やコメカミ、目の奥、のいずれかまたはいくつか、あるいは全部が痛む場合はこれに該当する事が多いです。

スポンサードリンク

命の危険がある二次性頭痛

危険な頭痛は脳の病気で起こるものが代表的で、「くも膜下出血」には特に注意が必要です。

感じ方としては
「経験したことがない激しい頭痛」
「バットで殴られたような衝撃」
「首筋が異常にこる」
といった感じ方が代表的です。

見分けポイントとしては上記の3つに加えて
・突然の激しい頭痛
・今まで経験したことがない強い頭痛
・日を追って頻度と強さが増していく頭痛
・中年になって初めて起こった頭痛
・シビレ・マヒを伴う頭痛
・意識障害を伴う頭痛
・嘔吐を伴う頭痛
などがあげられます。

これらの感じがあったら、放置せずすぐに病院で検査を受けて下さい。
万が一の場合には時間との勝負です。

一次性頭痛の対策

前項の危険な二次性頭痛でなければ、比較的安全な一次性頭痛の可能性が高まります。
特に緊張型頭痛は最も多いと思われますが、この頭痛にも姿勢の悪さが関与しています。

パソコン作業では顔がモニターを覗きこむように前に出て行きます。
すると首の骨(頸椎)の支持性がなくなるため、筋肉が過剰に働かざるを得なくなります。
その結果こり固まった首の筋肉の影響が頭部の筋肉にまで及ぶのが、この頭痛の正体です。

ですから対策としては、まずは姿勢をなおすことです。
顔の前屈みをやめて、良い姿勢のままでパソコンに向かいます。
困ったことにパソコンは、姿勢が悪い方がやりやすい機械です。

しかし、そのままではどんどん悪化しますので、やりにくさには慣れないといけません。

もう一つ有効な対策は、後頭骨の下縁を左右母指で強めに押して行きます。
中央付近から少しずつ外に向かって耳の下まで押して行きます。

緊張性頭痛とは首肩周りのコリが強くなった結果起きているものですから、筋肉が緩めば即座に改善します。
首の筋肉を温めることも有効ですね。
温めると血管が開くので血行が良くなり筋肉は緩みやすくなります。

温め方は、私は”蒸しタオル”をおススメしています。
タオルを濡らして軽く絞り、電子レンジで1分ほどチン。
熱すぎる場合は広げて冷ましてみて下さい。

そして冷めるまで首の後ろにあてておきます。
それを数回繰り返すと、そのまま頭痛が止まることもあります。

まとめ

最後に対策をまとめます。
・まずは姿勢を正す(PC注意)
・後頭骨下縁を強めに押す(強めのマッサージ)
・首を温める(蒸しタオルで数回)
全部実行したら即効性のある頭痛対策になりますよ。

それでも解決できない時は…
是非ご来院ください。
こういう頭痛の対策は得意なので、きっとお役に立てると思います。

壮快カイロプラクティック
東京都江東区深川2-5-8
TEL:0120635374
東京メトロ東西線、都営大江戸線【門前仲町】駅6番出口から徒歩1分

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑