毎年正月を過ごす台湾びいきな私はサンエン台湾にハマる!

公開日:  最終更新日:2020/08/11

皆さんこんにちは。
このブログって私が書きたいことをテキトーに書いているので、全く一貫性がありません。
政治ネタだったり世界情勢の裏側だったり、とにかく思いつきで書いています。

そんないい加減なブログなんですが、最近仕事が手に着かなくなるくらいハマってしまっているYouTubeチャンネルがあります。
それが【サンエン台湾】です。

このチャンネルは日本人と台湾人チームの7人が、YouTubeで台湾や日本の色々な情報を紹介しまくるものです。
彼らの目標は”日台友好の懸け橋になる”というもので、台湾びいきな私としては価値観がピッタリなのです。

【サンエン台湾】の”サンエン”とは、代表者の三原慧悟氏の姓を中国語読みしたものです。
正確にはサンエンよりはサンユェンの方が近いと思いますが、分かりやすいからでしょう、サンエンと言っています。

このチャンネルの面白さは、単に日台の色々な情報が得られるだけでなく、7人のメンバーのキャラクターがそれぞれ大変魅力的なのです。
男性も女性も面白い、可愛い、カッコ良い、明るい、かしこい、個性が際立っているなどバラエティ番組より楽しいです、私は。

良い年をして寝る前などにもニヤニヤしながら見ています。
今日は私の一番のお気に入りYouTubeチャンネル【サンエン台湾】をご紹介します。

サンエン台湾メンバー紹介

ネット上で調べた情報です。

サンエン台湾メンバー
<代表>サンエン=三原慧悟氏 元フジテレビ社員。フジテレビでは映像クリエイターのような仕事をしていたらしい。
今では”台湾で最も有名な日本人”と言われている。
動画出演のほか、作曲、歌手、タレント活動など幅広い才能を見せている。
茶目っ気のあるキャラで、台湾では大人気を得ている。
ほとんどスターですね。

<メンバー>村上淳也氏=Junちゃん、變態先生とも言われる。元テレビ朝日社員で、三原慧悟氏とは大学の演劇サークルの先輩後輩。
チャンネルでは主要メンバーで、中国語も堪能、ステーキを一日で24回食べまくる企画など、体を張った企画もこなしている。
私個人的には好感度の高いキャラです。

<メンバー>Zuzu (ズズ)ちゃん= 楊文孜。少し外国人的イントネーションだが、日本語は非常にうまい。大の日本びいきで、大学の専攻も日本語学科とのこと。
相当な美人で、言葉を選ばずズバズバものを言うキャラが最高に可愛い。「アジアンビート」が福岡アジアコレクションと共同企画した「2020台湾Kawaii大使」の1人に選出された。
サンエン台湾の超重要メンバーの一人で、看板娘的な存在。チームの中で一番目立っているメンバー。
日本のアニメが大好き。

<メンバー>Mana (まな)ちゃん=岡田真菜実。アメリカ留学経験があり、2018年12月から正式メンバーとなったようです。Zuzu (ズズ)と並んでサンエン台湾の看板娘的存在で、「ズズ・マナコンビ」での企画は非常に楽しい。
ズズと同様非常に可愛いので、ズズ・マナコンビの企画の際は、ついつい見入ってしまう。
子役の経験もあり、芸能事務所に在籍しているらしい。ダンスが非常に高いレベルで、サンエンが作った曲の振り付けも担当している。
毎回最初に流れるオープニングのダンスも彼女の振り付けによるもの。
最近ではフィリピンでも同様の企画をやっていて、大ブレイクしている模様。

<メンバー>YU君
日台のハーフで、2020年3月からメンバー入り。
男性アイドルっぽい容姿で、これから益々女性ファンが増えると思う。
台湾で生まれ、小学生までは台湾で育ったようです。

<メンバー>Sato醬 (サトウちゃん)= 佐藤あさえ。
日台のハーフで、最近まで台南で活動していたようです。
その後台北に転居して合流。2020年3月からメンバー入り。
やはりかなりの美人で、やや清楚な印象。男性ファンが増えるのではないかと思います。

<メンバー>LinLin (リンリン)ちゃん=林佳棻。
交換留学生として近畿大学に在籍経験があるため、日本語を話す時は基本的に大阪弁。
近大時代にはダンスパフォーマンスチーム「KINDAI GIRLS」として活動していた。
美人で非常に明るいキャラで、時々面白いアニメの様な音(声?)を出す。
美しい容姿と正反対なほど賑やかな面白いキャラで、ちょっと不思議ちゃん。
大阪に住んだので、吉本化しているのかも?

【サンエン台湾】YouTubeチャンネル

【サンエン台湾】のメンバーをご紹介しましたが、彼らは台湾では非常に有名で、ほとんど芸能人のような存在となっています。
私が中国語の勉強のために通っている「3Q台湾華語学院」の講師たちも皆知っていました。

スゴイのは蔡英文総統とランチする動画や、正式な国交があれば大使にあたる日本台湾交流協会の公邸で泉代表と会ったりしているのです。
これは相当評価が高くなければ絶対に実現できないことです。
総統とは言い替えれば大統領です。交流協会の代表とは大使です。
すごくないですか?

スポンサードリンク

このチャンネルになぜこんなにハマってしまうのか?
考えてみたら、抜群に楽しいんです。
ユーチューバーの中には、ウケ狙いで迷惑行為を行ったりする人もいますが、【サンエン台湾】は正統派の企画で楽しませてくれます。
何でこんなに楽しいのか考えてみたんですが、それはメンバー全員が仕事を楽しんでいるからだと思います。

皆さんも是非見てみて下さい。
きっと台湾に行きたくなりますよ。

サンエン台湾にハマっているワケ

私が【サンエン台湾】にハマっている訳は、もう抜群に面白いから。
ただおバカをやるだけでなく(時々馬鹿もやるけど下品ではない)、真面目に面白さを追究しています。
そしてメンバーが底抜けに明るくて楽しい。
本当は辛いことも沢山あると思いますが、メンバー全員が明るく楽しいんです。

この楽しさに共感するんだと思います。

日本は今長引くデフレ不況で良いニュースがあまりありません。
信じられないほどの緊縮財政に加えて、2019年10月の消費増税のせいで、更に深刻な不況に陥っています。
このままでは”発展途上国化”は確実です。

1995年に世界のGDPのシェアは21.8%で世界第2位の経済大国だった日本が、今やそのシェアは5.9%にまで低下しました。
これは日本の政治の劣化が主な原因だと思いますが【サンエン台湾】を見ているとそんなことは忘れてしまうほど楽しくなるのです。

今私たち日本人が忘れてしまっている活力が、【サンエン台湾】にはあるんです。
だから見ていると元気をもらえるんです。
これがハマっている理由かな?

サンエン台湾姉妹チャンネルも勉強になる

サンエン台湾には姉妹チャンネルがいくつかあります。
【サンエン台湾】
は日本語で台湾や日本でのグルメや文化を紹介したり、色々な企画物をやっています。
私がメインで見ているチャンネルはこれです。

【三原JAPAN Sanyuan_JAPAN】
は、【サンエン台湾】のような企画を中国語で紹介しています。
字幕も出るので、中国語の勉強の補助教材としてもうってつけです。

【123JAPAN!】
はMana (まな)がフィリピンで撮っている英語のチャンネルです。
さすがに留学経験のあるMana (まな)ちゃんです。
英語の勉強にもなりそうですよ。

【UMAI 美食頻道】
は、まだそれほど多くを見てはいませんが、他のチャンネルにもある”食べる”事を軸とした内容ですが、少し趣が違うようです。
どこがどう違うのかは、私もまだよく分かりません。
中国語で話し、字幕も中国語で出るので勉強にもなります。

【我不愛台灣 I’m Black3】
は、私にはまだ企画内容はよく分かりませんが、ややダーティな感じがテーマなのかな?と思います。
全部中国語で話し、字幕も中国語なので、これも中国語の勉強にはなるかなと思います。
話すリズムや強弱の付け方は真似するときっと上達が早いのではないかと。

【サンエン台湾のサブチャンネル】
はまだよくは分かりませんが、通常のサンエン台湾ではやらない企画を集めているように見えます。
どの動画も勉強にもなり、面白いと思います。
人の好みによっては、こっちの方がハマる人がいるかも知れません。

まとめ

私は毎年新年を台湾で迎えるほど台湾と台湾人が好きなんです。
その理由は日本人に友好的で、世界一の親日国だから。

東日本大震災の時には、いち早く救援物資を送ってくれ、義援金は200億を超えています。
(一説によると250億位とも?)
台湾の人口は2400万人弱ですから日本の5分の一くらい。
ということは、日本の人口に換算すると1000億円位のインパクトです。

また、その後も自然災害のたびにエールを送ってくれます。

こんなに親日なのに現時点で正式な国交がないんです。
これは多分、日本政府が中国に遠慮している面が大きいと思います。
(台湾を国として認めることになるから)

東日本大震災の後の追悼セレモニーでは、領土問題を抱える強大な反日国である中国は来賓として招待し、世界一親日でずっと日本にラブコールを送ってくれる台湾の代表は、一般席に通す非礼をしているのが日本なのです。
何してるんだ!日本政府は!という憤りを感じ、台湾に申し訳ないという想いから、せめて個人でも出来ることを、ということで毎年台湾に行くようになったんです。
多い年は年に3回行ったこともあります。

そんな台湾好きな私なんですが、ある時この【サンエン台湾】と出合い、日本人で日台友好の懸け橋になる、という理想を抱き台湾に渡って人気者になっている日本の若者がいることを知りました。
嬉しかったですねー。
なんか自分のことのように誇らしかったです。

それ以来このサンエン台湾の大ファンになりました。
素晴らしい活動をしている若者たちを応援したくて、ブログに書いてみました。
良かったらぜひ見てみて下さい。
そして私とご一緒に彼らを応援してあげてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑