TWICEジョンヨンの頸椎椎間板ヘルニア・プロが教える改善方法

公開日:  最終更新日:2020/11/18

あなたは頸椎椎間板ヘルニアって
治らない病気だと思っていませんか?

結論を先に言ってしまいますが対処の仕方を
間違わなければ決してそんなことはありません。

TWICEのジョンヨンが頸椎椎間板ヘルニアで活動休止との事。
心配ですね。

実は私、TWICEのメンバーではジョンヨンファンなんです。
だから少しでも何か役に立てないかなと考えていました。

私は整体師なんですが、頸椎椎間板ヘルニアの
改善実績は相当数
あります。
だから「何をどうすれば良いのか」は多少の個人差はあるにせよ
ある程度わかります。

ここでは頸椎椎間板ヘルニアの原因と対策を中心に
予防方法まで書いてみたいと思います。

もし同じような症状で悩んでいる方がいれば
参考になったら嬉しいです。

但しお断りしておきますが、私が実践する改善方法は
医学の常識とは全然違います。
私は医療機関で良くならなかった方達を主な対象としているので
病院に通っているけど結果が出ない方には参考になるはずです。

TWICEジョンヨンも悩んでいる頸椎椎間板ヘルニアって?

頸椎椎間板ヘルニアは首で起こるヘルニアなんですが、
噂によると相当に辛いらしい。
腰で起こるヘルニアも辛いですが、頸椎のヘルニアは
更につらいという話をよく聞きます。

だからジョンヨンも大きな不安を抱えていることでしょう。

私の友人で、頸椎椎間板ヘルニアを経験した人がいますが
もう、何もできなくなってしまいます。
仕事も2年位休んで住まったようです。

ところで、ヘルニアってどんなものかご存知でしょうか?
ヘルニアの語源は「飛び出す」とか「脱出する」という意味で
その名の通り椎間板の中身(髄核と言います)が外に飛び出して
しまった状態です。

背骨のすぐ後ろには脊髄が通り、骨の間のごく狭いすき間を
神経が通っているので、その神経が飛び出した中身によって刺激される。
簡単に言うとこれが椎間板ヘルニアです。

首の骨を”頸椎”と言いますが、首で起きたヘルニアだから
「頸椎椎間板ヘルニア」です。
腰で起きれば「腰椎椎間板ヘルニア」となります。

ヘルニアは椎間板だけで起こるものでもありません。
「飛び出す」とか「脱出する」という意味なので
どこかで何かが飛び出せばヘルニアです。

鼠径部(脚の付け根の前方)で腸が飛び出したものを鼠経ヘルニアと言います。
昔は”脱腸”と言っていたものです。

ここまでがヘルニアのごくごく基本的な知識です。

頸椎椎間板ヘルニアはどのようにして発症するのか

そもそも椎間板ヘルニアはどのようにして発症するのか?
私は日常的にヘルニアと診断されて解決できていない方々と接する機会が
非常に多いので感じるのですが、ヘルニアを発症した方々はほとんどと
言って良い位原因を理解していません。

原因が理解できていなければ原因は残ったままなので
いつまで経っても解決できないのは当たり前でしょう。

ヘルニアは具体的には後方に飛び出します。
ある整形外科の専門書にはその理由を【椎間板後方の脆弱性】
と説明されています。
後方が弱いから後ろに飛び出す、という考え方です。

スポンサードリンク

もしかしたら組織的にそうなのかもしれませんが、私はそれだけでは
ヘルニアの原因の説明としては足りないと考えています。

そこに私たち人間の生活特性を加味して考えると見えてくるものがあります。
あらゆる脊椎動物の中で、ヘルニアが人間に特に多く頻発する事実からも
この推論はあたりだと思っています。

それは姿勢的な問題です。

私たち人間は一日のかなり多くの時間を、背骨を立てて生活する
唯一の脊椎動物です。
背骨を立てたままで楽に座って脱力すると、腰や背中が丸まります。

また今回のテーマである頸椎は、前屈みになる頻度が非常に高い

例えばパソコン使用中の姿勢を観察してみて下さい。
顔がモニターに向かって覗きこむように前に出ていますが
その時の頸椎は前かがみですね。

或いはスマホを見ている時も同様です。
この前屈みになる頻度が非常に多いことがヘルニア
特に頸椎椎間板ヘルニアの直接的な要因だと考えられます。

前屈みになるということは椎間板の前方に強い圧力がかかる
ということです。

圧力は必ず高い方から低い方へのベクトルが生まれますから
後方に押しやる力が加わる頻度が高いわけです。

そこに先程の後方部分の脆弱性が加われば、内部で亀裂が入り
そこに中身の髄核は移動して行きます。
その亀裂が最後方まで伸びて椎間板組織が破れた状態がヘルニア
であると考えればつじつまが合うんです。

頸椎椎間板ヘルニアの改善方法とは?

椎間板前方に圧がかかる頻度が高い事で発症するヘルニアの改善方法ですから
まずは前方への圧をかけないことが前提です。

病院では「姿勢を良くして」などと指導されているケースもあるんですが
患者さん本人は具体的にはどうすれば姿勢が良くなるのか理解できていません。

ここでは具体的に説明しますが、まず前屈みを可能な限り減らすことです。

頸椎ヘルニアの方は
1.顔が前に出る(PCモニターを見ている時や背中を丸めている時が代表的)
2.顔を下に向ける(スマホ使用時、読書時や調理中などが代表的)

この2つを出来る限り止めてみることが必要となります。

改善のための前提条件としての第一は、【原因の排除】です。
姿勢を改善するべき理由はこれなんですね。

そして、原因を排除したうえでもう少し積極的に改善を図るなら
悪化してきた場合の逆を行うことです。
つまり少しずつ椎間板後方に圧力をかけるんです。

ただし、最初は痛みを伴いますので、慎重に行う必要があります。
この方法は多分整形外科医は絶対に取らない選択だと思います。
これが医学の常識にはないという理由です。

私がクライアントに対策する際は、これらのことをバランスに注意しながら
少しずつ行って行きます。
段々と痛みが減って行き、いずれ解決できます。

注意点

ここでまとめておきます。
頸椎椎間板ヘルニアの改善方法は、まずは悪化してきた原因を理解して
その原因を徹底的に排除すること。
そして悪化してきた要因の反対を出来る範囲で行うこと。

但し、椎間板後方に圧力をかけることは痛みをはじめとして
リスクも伴うので、極めて慎重に行う必要があります。

よく分からない方は是非ご相談下さい。

壮快カイロプラクティック
松本斉

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑