アメリカ大統領選挙で発覚した不正の数々を大暴露!

公開日:  最終更新日:2020/11/18

この投稿は一部の方には非常に不快な内容が含まれておりますので、ご不快な方はすぐにご退出いただく事をお勧めします。

私はこの度のアメリカ大統領選挙では、何としてもトランプに勝って欲しいと願っています。
それは、他の記事でも書きましたが、バイデンが大統領になってしまうと日本にはとんでもない災厄が起こると考えるからです。

まあそれはそれとして、私が個人的にトランプを応援したいかどうかは別として、今の状況を知るにつれて「アメリカに正義はないのか?」と少々憤っているんです。
だから私個人ではそれを制止することはできないので、せめて多くの人に状況を知って欲しいと願って書いています。

状況を知ったからと言って何ができるかは分かりませんが、日本が危機に陥りかねない状況下で、大手メディアが嘘ばかり流しているこの先、私たち一人一人が出来ること、やるべきことを間違わないように考えるきっかけになれたら嬉しいんです。

ただ、念のため付け加えておきますが、違う考えの方がいてもそれはそれで良いと思いますので、不快に感じる方はすぐに閉じていただく事をお勧めします。
この投稿は私が信頼している情報源である国際政治学者の藤井厳喜先生の解説に、自分の意見も合わせてまとめ直したものです。

アメリカ大統領選挙民主党の不正の数々

藤井先生は今回の大統領選挙は歴史上最大の不正選挙犯罪だと指摘しています。
有効票だけを数えたらぶっちぎりでトランプが圧勝していると。

民主党の知事の州では不正が横行し、その証拠も山ほどあります。

大事なポイントは“アメリカは州ごとに法律を変えることが出来る”という点です。
元々郵便投票は選挙の投票手段としては認められていなかったようですが、“コロナ”の影響でしょうか?
それが可能になったんですね。

おそらく民主党サイドはこの状況を利用したのでしょう。
トランプは投票前に「郵便投票は不正の温床になるからやめるべきだ」と度々発言していましたが、分かりやすいほどに実現してしまいました。

郵便投票は本人確認が不可能なのでいくらでも不正ができる点をトランプは指摘していたんですね。

そしてコロナを理由にして郵便投票を認めた州が続出した。
元々民主党の知事の州は党の方針ですから尚更ですね。
驚くほど分かりやすい手口です。

アメリカは50の別個の州の法律によって成り立っている国です。
驚くべきことに民主党の知事の州では、バイデンが負けていたら準備しておいた不正票を勝つまで出す、という不正を働いていたようです。

郵便投票の締め切りは11/3消印までですが、その後9日間有効にした州もあったんですって。
その間に印刷がいくらでも可能じゃないですか。

トランプがリードしていた州で、バイデン票が急に伸びる普通ではありえない現象が起きている証拠が写真のグラフです。
これは冒頭の藤井先生が発表したグラフですが、著作権の関係で無断使用できないので私が手書きで模写したものです。
票の流れだけ表現できれば良いので、そのようにそっくりまねて書きました。

このグラフでよく分かる通りミシガン州とウィスコンシン州のグラフでは、トランプ優勢が続いた後、朝方になってバイデン票が垂直に急伸する現象が起きています。
・ミシガン州 12万8千票が一気に入ったが全部バイデン票だった
・ウィスコンシン州 10数万が全部バイデン票

なお、ペンシルベニア州でも同様のことが起きた模様です。

更に驚いたことにミシガン州では、亡くなった人を含む1万人以上の100歳以上の人の投票があったそうです。
あり得ますか?こんなこと。

そして民主党が共和党を告発した例はなく、訴訟は全て共和党側から起こされている点も注目すべき点です。
言い換えれば、全部民主党側の不正だということですね。

追記
民主党に近いドミニオンという会社の機械を使って票集計をしている州が30以上あるようなんですが、その集計ソフトに「トランプ」を「バイデン」と読む工作がされていたようです。

それによりCNN(だったかな?)が開票速報を放映中珍事が起きました。
なんとトランプの票が6000減り、バイデンの票が6000増えるという表示が一瞬されたそうです。
票集計はずっと加えて行くものですから、減るということはあり得ない訳ですね。しかも丁度6000票という数にも不正の形跡が見えますね。

スポンサードリンク

フィラデルフィア(ペンシルベニア州)での不正の事実

開票率87%の段階で一旦開票がストップされた後、バイデン票が大量に集計された現象が起きました。
そしてなんと投票所にバイデンとハリスの選挙ポスターが掲示され、投票所の職員がバイデンとハリスのマスクをかぶって選挙ビラを配布するという異常さ。
これは明らかな違法行為だそうです。

ジョージア州でも郵便票の集計により、突然バイデン票が急伸する事態が起きました。
ジョージアは共和党知事の州ですが、郵便投票の不正が成功してしまったようです。

ネバダ州でも1万票以上が州外からの投票で、選挙権のない18歳未満の票など3062件の不正票を共和党側が発見しました。

ミシガンでは郵便局員が偽装をさせられたと証言しています。
11月4日以降の到着分も有効にして投票所へ持ち込まされました。
※プロジェクトヴェリタスという潜入調査組織の調査による
(ジェームズ・オキープという人物が中心)

投票者数の不正の手口【票の準備】

他にも未集計の票が大量に用意されていたことが分かっています。
これは100%バイデン票だったことも判明しているのです。

ペンシルベニア州の総務長官が4日以降も郵便投票を受け付けるよう指示したという情報もあります。
ある人が「明らかな不正がある」とツイートしたらすぐにブロックされたそうです。

ウィスコンシン州では登録有権者数368万人で投票者数328万人、投票率89%というのは先の藤井先生が言うには、アメリカの様な住民の流動性の高い国ではありえない投票率だそうです。
(2016年は67.3%)
オーストラリアの様に投票しないと罰金があるような国なら90%位にはなるんだそうですが。

ウォールストリートジャーナルのコラムニストキンバリー・ストラッセル氏の言によると、ウィスコンシン州の投票率はミルウォーキー市71%、各郡が軒並み8~90数%もあるという結果です。
異様に高いのは、それだけ関心が高い?・・・んな馬鹿な!

ダニエル・ボブリンスキー氏の情報によると、ノースカロライナでは登録者516万人、投票数538万人という珍事が起きています。
最低でも22万人以上の不正投票があったってことですね。

でも投票率100%なんてある訳ないから、投票率を80%と相当高く見積もっても実際には125万票以上の不正投票ということです。

ペンシルベニア州では1人の集計所職員が、バイデン票を何枚も書いている姿が監視カメラに映っています。

もうため息が出るほど多くの不正が存在するんですが、民主党がトップの州(24州)では状況を覆すのは難しいでしょうと、藤井先生は言います。
でも最高裁まで行けば覆る可能性は十分にあるとも。

過去の例ではフロリダ州でブッシュjrとゴアの選挙で3回数え直したことがあります。

ミシガン州ではウィリアム・ブラッドリーという1984年に死去した人の投票が見つかっており、100歳以上の人の投票が600人以上あることが分かっています。
同じくミシガン州デトロイトでは4788人が他の街や州との2重登録が見つかっています。

32519人の投票資格のない票(外国人、18歳未満など)が見つかっていて、2530人の死亡者の登録があり、100歳以上の投票が14000人もいて、中には200歳近いという人もいるんだそうです。
もうばかばかしくなってきますね。

郵便公社労組(ポスタルワーカーズ)はバーニー・サンダースの支持者たちであり、現場で不正を行う可能性は高いと言えます。

トランプは6/22に「投票用紙は外国で印刷される可能性がある」と指摘していました。
国内での印刷だとばれる為ですが、禁止できない理由は州権限だからなんですね。
案の定中国から大量に運ばれてきたようですよ。(秘)

投票の正当性を保つには両党の立会人が監視の上開票するものですが、共和党の立会人が入れない、または10メートル以上離れたところまでしか近づけない状況にされた州もありました。

メディアでは「往生際が悪い」とか「強引」とか言われていますが、この状況を見ればわかりますよね。
トランプはあくまで合法的に不正をただしているだけなんですよ。

こんなにも多くの不正が分かっているのに、負けを認めるなんて投げ出さない限りできませんよね。
あなたはどう思いますか?

集会の差

トランプもバイデンも集会を開きましたが、そこでも大きな差がありました。
バイデンの集会では大統領候補なのに聴衆は2~30人程度、人気があるとされるオバマの応援があっても100人未満でした。

民主党側は“コロナ対策で密を避けるため”と弁解しているようですがいかがなもんでしょうか?

一方トランプの集会では2日前という直前の告知でも数万人が集まる熱狂ぶりです。
さらに彼の子供たちのトランプJr、エリック・トランプ、イヴァンカ・トランプでも千人単位で集まるだけでなく、なんとペンス副大統領の夫人の演説でも数百人は集まっています。

民主党の発表では過去最高の票数をバイデンが集めたと言っていますが、若く大人気だった当時のオバマを上まわるとは到底思えません。

バイデンは40年以上政治的な実績は全く無く、すべての外交シーンでことごとく逆の意見を言ってきたという、実に不名誉な実績?があります。

こんなにも国民の信頼度が違うのに、バイデンが勝つなんてあり得ると思います?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑