認知症の家族との向き合い方を知るための基礎知識!

公開日:  最終更新日:2017/02/27

%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87
認知症は、それまでごく普通に暮らしてきた人が、物忘れや判断力の低下を来す病気です。
一般の人には想像できないような行動や言動が見られるようになり、着替え、入浴、トイレなど日常的なことがスムーズにできなくなることも有ります。
また、料理や掃除洗濯、薬の管理などにも支障をきたす例が大変多いです。

家族にとって「なんで?」ということばかりですが、本人にとっても自分がどうなっているのか不安が多いものです。
私の父や義母も認知症になり、5分ごとに同じ質問を繰り返したり、大切なものをどこかにしまい込んで分からなくなったり、ずいぶんイライラした経験があります。

ここでは、認知症をその障害別に知って頂き、少しでもスムーズな介護を出来る様な参考になれば幸いです。
代表的な症状の際の思いを、種類ごとに家族側、患者側両方から整理して行きます。

スポンサードリンク

認知症 ADL障害

通常の日常生活に必要な基本的な活動。
起き上がりや座位などの起居動作、歩行・車椅子操作・階段昇降などの移動動作、食事、排尿・排便などの排泄、洗顔・歯みがき・整髪・ひげそりなどの整容、衣服・靴の着脱の更衣、入浴、コミュニケーション能力に分けられます。
これらの基本動作ができなくなる状態が、ADL障害です。

以下、具体事例を見て行きます。
1.入浴を嫌がる
家族の気持ち
・どうして風呂に入ってくれないの?
・不潔だ
・せめて着替え位してよ
認知症の人の気持ち
・おっくうだ
・どうやって入るんだっけ?
・失敗したくないなあ(自信がない)
対策
・気持ちの良さを伝える
・風呂上がりに晩酌しよう
など、楽しみをアピールすると良い

2.身だしなみを自分で整えられない(服を正しく着られない)
家族の気持ち
・ちゃんとしてよ
・みっともないなあ
認知症の人の気持ち
・めんどくさいなあ
・別に変じゃないじゃん
・どうやって着るんだろう?
・どうして怒られるの?
対策
患者の娘の場合は、ついつい見る目が厳しくなりがち。
あまりガミガミとした言い方はしないようにしましょう。

3.入浴がスムーズにできない
家族の気持ち
・なんでこんなことが出来ないの?
・この前も教えたのに
認知症の人の気持ち
・(シャンプーやリンスなど)同じようなものが多くて分からない
・文句を言われるから、風呂に入るのは嫌だ
対策
怒らずに子供に教えるように辛抱強く

認知症 IADL障害

排泄・食事・就寝等、日常生活の基本動作ADL(日常生活動作)に関連した、買い物・料理・掃除等の幅広い動作のこと。
また薬やお金の管理、趣味活動、公共交通機関の利用、車の運転、電話をかけるなどの動作も含まれます。

1.季節にあった服装ができない
家族の気持ち
・何でそんな格好するの?
・寒く(暑く)ないの?
・恥ずかしい
認知症の人の気持ち
・え?寒い(暑い)の?
・着替えたのに何で怒られるの?
・私はこの服を着たいのに
対策
自律神経の調節が上手く出来なくなっていると、極端な薄着や厚着になることも有ります。
できるだけおだやかに「こっちの方が似合うよ」等の言葉で、替えさせてあげましょう。

2.洗濯が上手く出来ない

家族の気持ち
・また間違えた
・こんなこともできないの?
・もうやらなくて良いよ
認知症の人の気持ち
・どうやるんだっけ?
・なんで怒るの?
・私の仕事は任せて
対策
日常生活の何が上手くいかないかに目を配りながら、さり気なくカバーする心配りが大切です。

3.人数に見合った量の料理ができない
家族の気持ち
・なんでこんなにたくさん作るんだよ
・こんなに食べられる訳ないじゃん
認知症の人の気持ち
・みんな喜ぶかな?
・お父さんの好物だし
対策
しばしば何十年も昔にタイムスリップすることがあります。
子供がまだ小さいと思っていたり、亡くなった人も一緒にいると思っていたり。
おだやかに付き合ってあげてください。

4.ごみをうまく出せない
家族の気持ち
・またゴミを溜めてるよ
・汚いなあ、こんなこともできないのか
認知症の人の気持ち
・今日は何曜日だっけ?
・なんで怒られるんだろう?
対策
仕方ないので手伝ってあげてください。

スポンサードリンク

5.新しい家電製品をうまく使えない
家族の気持ち
・どうしてこんな簡単なことが出来ないの?
・せっかく買ってきたのに
認知症の人の気持ち
・昔のと違うなあ
・ボタンが沢山あって分からない
・失敗するから触るのは嫌だ
対策
最近の家電製品は、どんどん高度化、IT化しています。
これに慣れるのは一苦労です。
調理器、携帯電話、リモコンなどはなるべく馴染のあるものに。

6.家にあるのに同じものを何度も買う
家族の気持ち
・どうして同じものばかり買うかなあ?
・ああ、もったいない
・まだいっぱいあるのに・・・
認知症の人の気持ち
・これが欲しかったんだよ
・なんで小言ばかり言われるんだ?
・私にお金を使わせないつもりだ
対策
病状によって理由が違います。
アルツハイマー型では買ったことを忘れてまた買ってしまいます。
前頭側頭型認知症では、好きな物へのこだわりから同じものを買い続けます。
賞味期限切れのもの等は、こっそりと処分したり、あまり強く非難して自信を無くさせないようにしましょう。

7.小銭での支払いが上手く出来ない
家族の気持ち
・こんなに小銭ばかりためて
認知症の人の気持ち
・いくら出せばよいんだろう?
・お札で払えば足りるだろう
対策
認知症の方は足し算より引き算の方が難しいのです。
おつりが上手く計算できない傾向が有ります。
分からないからつい大きめに支払って、おつりがたまって行きます。
温かい目で見守ってあげてください。

認知症 記憶障害

自分の経験や過去の記憶が抜け落ちてしまう障害。
認知症の中核症状です。
いわゆる物忘れとは違い、自覚がないために日常生活に支障が出てきます。
また、新しい記憶から忘れていくのが特徴です。

1.通院の予定が覚えられない
家族の気持ち
・どうして覚えてないんだよ
・また忘れたの?
・同じことを何度も言わせないでよ
認知症の人の気持ち
・そんな話は聞いた覚えがない
・私が忘れてるの?
・なぜ怒ってるの?
対策
「さっき言ったでしょ」「もう忘れたの?」「何回言わせるの?」
など、頭ごなしに怒るのは禁物です。
覚えておけないのは、あくまでも病気なんです。

2.道に迷う
家族の気持ち
・そんなに難しい道じゃないのに、何で分からないかなあ?
・また分からなくなった?
認知症の人の気持ち
・ここはどこだろう?
・だから出かけるのは嫌なんだ
対策
一人で外出したら迷うものだと考えて、普段から迷った時の準備をしておきましょう。
携帯電話の使い方が分かるか確認しておいたり、住所や電話番号を書いたメモを持ち物に差しはさんでおきましょう。
保護されたときにスムーズになります。

3.いつも探し物をしている
家族の気持ち
・いつも探し物ばかりしてるよ
・いい加減にしてくれないかな
・盗むわけないじゃない
認知症の人の気持ち
・ここに入れたはずなのに
・私のものが無くなった
・あの人が盗ったに違いない
対策
大事なものは預かってあげてください。
そして何か探し出したら、聞いてあげて「それは私が預かっている」と教えてあげましょう。

4.家の中でどこに行けば良いか分からない
家族の気持ち
・いつも寝ている寝室が何で分からないかな?
・なんで家の中で迷う?
認知症の人の気持ち
・あれ?どこに行ったら良いんだろう?
・失敗したら嫌だなあ
対策
何度でもおだやかに教えてあげてください。

最後に

認知症はあくまでも病気です。
同じ事を何度言っても覚えられなかったり、普通ならできることもできなくなったり、見ているとイライラしてしまうと思います。
でも病気だから仕方ない・・・と割り切って、優しく接してあげてください。

本人も色々分からなくなって不安で仕方ないのです。

 

カテゴリ【生活】内の記事一覧下へ行くほど新しい記事※は現在の記事
洗濯物のイヤ~な生乾きの臭いの対策法はこれだ!
子供が片づけをしないのはしつけと習慣で改善できます!
AmazonはPrime AirとAmazonGoでここまで便利にしてくれる!
給油口はどっちだっけ?を即座に解決!
認知症の家族との向き合い方を知るための基礎知識!
引っ越しをお考えなら準備や手続き、引っ越し業者は?
お風呂掃除の強い味方!落ちにくい椅子や洗面器は洗剤なしでOK!

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑