年末年始の台湾旅行3日目・4日目

公開日:  最終更新日:2017/02/27

dsc_0634
【3日目】
起床直後洗顔を兼ねて軽くシャワーを使った。
朝食は昨日同様、ホテルのバイキング。
お粥の軽さがありがたい。

一旦部屋に戻って、今日の行動を検討。
朝コーヒーを飲む習慣があるが、食堂をよく見たら珈琲は用意されていた。
だから今朝はスタバには行かず、すぐに街を歩いた。

まずは宿泊している西門周辺を歩く。
ここは大学や軍の施設などもある。
しばらく歩いて行くと、小南門駅に行きあたり電車で中正紀念堂へ。

メインホールには、蒋介石の大きな像がありそこで衛兵の交代式?が行われていた。
銃剣と足を強く踏み鳴らす、独特な動作。
この中正紀念堂は、蒋介石の追悼のために建設されたそうです。

次は台湾で最も御利益が多いとされる、龍山寺に行きました。
dsc_0677
駅に着くと地下街を通って、龍山寺の目前に。
地下街にはいかにも台湾らしい、色々な店が並んでいます。
dsc_0673

龍山寺に入って行くと、多くの方が熱心に祈願しています。
皆それぞれ長い線香やお供えのお菓子、おみくじの占いのようなことを真剣にやっています。
わたしには意味は分かりませんが、おみくじの棒を引いて三日月形の木片を2つ地面に投げ落とします。
それの向きか出た面か何かで、何かが分かるのかな?

拝み方は多分決まったやり方が有ると思います。
40㎝位の線香を点けて、額に当てて3回位礼をしていますが、私は作法を知らないので私なりの礼の仕方で拝んできました。

次は台湾で最も高いタワー「台北101」へ。
dsc_0678

地上101階、地下5階の建物で、名前の由来にもなっています。
私の記憶では、東京スカイツリーができるまでは、多分世界一の高層タワーだったのではないかと思います。
高さ509.2mだそうです。

スポンサードリンク

そして3日目の最後は、初日に時間が遅くて入ることができなかった、國父紀念館です。
ここは中華民国建国の父と言われる、孫文にまつわる資料などを展示しています。
dsc_0689

辛亥革命の孫文です。
広東省の出身の方だそうで、10回革命を失敗して11回目でなしとげたのが辛亥革命だそうです。

ずい分歩いて足がつりそうになってきたので、一旦ホテルに戻ることにしました。
西門駅まで戻り、ホテルの近くのスタバで一息入れてホテルへ。
休憩しながらこれを書いています。

しばらくの休憩の後、夕方になって今晩夕食どうしよう?と思いました。
色々考えた末、昨日行ったスナックの小姐に聞いた、羊料理の店に向かいました。
検索してみると、思いっきり地元色が強そうで躊躇しましたが、大好物の羊肉に惹かれてしまいました。

「注文の仕方分かるかな?」「一人で入れるかな?」と悶々としました。

この頃には電車の乗り方にもずい分慣れてきました。
だから案外迷わずに行くことができました。

店に近づいて行くと、もう、地元の店感満載です。
ちょっと躊躇しましたが、思いきって店に行きました。
dsc_0701

席に座ってメニュー表から、お目当ての羊の鍋を指さし注文。
(日本語で2人にお勧め)
と書いてありますが、一人前があるのか分からないし、どう聞いていいのかもわからないので、それが出てくるのを待ちました。
量を把握してから他のものを注文しようと思ったんです。
dsc_0700

追加注文はしなくて正解でした。
鍋の量がかなり多い。
「食べきれるかな?」
と思いましたが、何とかクリアしました。

その後、昨日行ったスナック「Venus」に行って、もう少し飲んでホテルに帰りました。
明日は帰国日です。

【4日目】
夕方のフライトなので飛行場に向かう前に、一昨日羊の店を教えてくれたスナック「Venus」の小姐と一諸にランチをしました。

なんだか勉強熱心で、応援してあげたくなる小姐なんです。
桜の頃日本に行くと言っていたので「もし来るなら日本を案内するから連絡して」と言ってサヨナラしたのでした。

その後タクシーで桃園国際空港へ。
料金は2,000NTDでした。

 

カテゴリ【旅行】内の記事一覧下へ行くほど新しい記事※は現在の記事
年末年始に急に台湾に行きたくなり、もう無理かと思いきや?
年末年始の台湾旅行の準備、何を用意する?
年末年始台湾旅行の初日
年末年始台湾旅行2日目
年末年始の台湾旅行3日目・4日目
台湾旅行総まとめ

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑