危ない頭痛とそうでない頭痛を見分ける!原因と対策は?

公開日:  最終更新日:2017/02/27

頭痛の女性
近頃私の周りでも、頭痛に悩む人が大変増えています。
悪化してしまうと非常に辛く、「何か重病?」と不安も増幅するのが頭痛のいやなところ。

でも、そんなに怖がらないでも大丈夫です。
実は頭痛って、多くの場合キチンと対処すれば解決できる事も多いんです。

頭痛を解決するポイントは、まずは種類を見分けること。
いくつかの種類がありますので、概要を説明します。
解決のためには、ここ重要です。

スポンサードリンク

頭痛の種類と原因を知って不安をなくそう!

まずは頭痛の種類と原因の関係を理解できると、不安が少なくなると思います。
頭痛持ちの方の大半はこれに該当するはずです。

①本人はつらいけど命にかかわることはない頭痛
(整体やマッサージでも改善可能なもの)

【緊張型頭痛】
最も多いもので筋肉が過剰に緊張したものです。
頭が重く締め付けられるような痛みを感じる人が多い頭痛です。

緊張している筋肉は主に首肩周辺の筋肉なので、首のコリも強く感じます。
首肩コリから頭痛に発展する感じです。

ストレス、姿勢、気温など原因は多岐にわたります。

近年ではパソコンの普及により、姿勢が悪くなる機会が増えました。
そうすると首肩の筋肉に負担がかかります。
ですからパソコン操作を長く続けていると、首肩が非常に強くこり、頭痛に発展します。

緊張型頭痛では、多くが後頭部か側頭部のどちらか、又はその両方が痛みます。

<原因>首や肩の筋肉が過剰に緊張したこと=冷え、ストレス、姿勢など

【片頭痛】
ズキンズキンと脈拍に合わせて痛むタイプの頭痛で、多くは片側に起こります。
これは頭の血管の異常拡張によって引き起こされていると言われています。

発作的・周期的に起こり、吐き気を伴うこともあります。

ポリフェノールには血管の拡張作用があります。
ですからポリフェノールの過剰摂取は更に血管を拡張させ、悪化要因になる可能性があります。
片頭痛が出たら赤ワインやチョコレートは控えましょう。

「目がチカチカする」という方もいます。
応急措置としては薄暗い部屋で横になって、楽にしているのが良いと思います。

<原因>頭の血管が異常に拡張したもの=ポリフェノールの過剰摂取、長湯などでのぼせた様な時など

【群発性頭痛】
ある期間に集中して出る頭痛です。
一か月くらい続くこともあります。
男性に多く、目の奥が強く痛むことがあります。
非常につらい頭痛です。
分類上の特徴は主に期間であり、原因が分からないことも多い。

<原因>あまり知られていませんが首の骨格からの場合も多い物です。
骨格が原因の場合の参考ページ

ここまで説明してきた “緊張型頭痛” “片頭痛(偏頭痛)” “群発性頭痛” は、
基本的に命にかかわることは無いようです。

ですからこれらに当てはまる方は、そんなに心配しないで原因を減らすことに取り組んでみてはいかがでしょうか?

②命にかかわる可能性もある危険な頭痛
頭痛でも、命にかかわるものもありますのでよく注意をして下さい。

脳の病気で起こるものが代表的で、“くも膜下出血”には特に注意が必要です。
感じ方としては

「経験したことがない激しい頭痛」
「バットで殴られたような衝撃」
「首筋が異常にこる」

などという人が多い頭痛です。

意識を失ってしまうこともあります。

めまいや気が遠くなる感じ、普段よりも激しい頭痛など、少しでもこれらに近い感覚を感じたら、
一刻も早く専門医を受診してください。(脳神経外科など)
万が一の場合は時間との勝負です。

他にも脳腫瘍、脳梗塞、高血圧、頸・眼・耳・鼻などの病気によるものも考えられます。

【命にかかわる可能性のある危険な頭痛の見分けポイント!】
*突然の激しい頭痛
*今まで経験したことがない強い頭痛
*日を追って頻度と強さが増していく頭痛
*中年になって初めて起こった頭痛
*シビレ・マヒを伴う頭痛
*意識障害を伴う頭痛
*嘔吐を伴う頭痛

スポンサードリンク

頭痛の種類と原因と自分を比べてみよう!

緊張型頭痛
・首や肩が強くこる
・パソコンを長時間使う
・姿勢が悪い
・体が冷える
・ストレスを感じている

片頭痛
・大体左右どちらかのコメカミのあたりが痛い
・ズキンズキンと脈拍に合わせて痛い
・明かりが眩しい
・赤ワインやチョコレートが好き

【群発性頭痛】
・同じような強い頭痛が一週間以上続いている
・目の奥が非常に痛い
・病院でストレートネックや頸椎のヘルニアと言われた

※片頭痛で原因としてあげたポリフェノールは血管の拡張作用があることから、緊張性頭痛が緩和する場合もあります。

頭痛の種類と原因が分かったら対策しよう!

【命にかかわる可能性のある危険な頭痛見分けポイント!】
上の見分けポイントをよく見て、一つでも当てはまっていたら、念のため検査と診断をしてもらうことを強くお勧めします。
こちらについては早急に専門医を受診して下さい。
(脳神経外科など)

該当しなければ筋肉の緊張型頭痛の可能性が高いです。
緊張とは言いかえればコリのようなものですから、基本的には肩こりの対策と同様で良いと思います。
(やや首を主体に考えて下さい。)

具体的には、マッサージする、首や肩を温める、軽く運動する、お風呂にゆっくり浸かるのが効果的です。

また、蒸しタオルで温めることもオススメです。
濡らしたタオルを軽く絞り、電子レンジで1分ほどチン!
相当に熱い場合もありますので、火傷に注意してください。

熱すぎる時には、開いて少し冷ますと良いでしょう。
それを首に乗せておき、冷めてきたら又1分チン!
これを2~3回繰り返します。

温める場所は、首と頭の境目(後頭骨と首のつなぎ目)のあたりが効果的です。

片頭痛に該当する方は、

薄暗い部屋で横になって休む
赤ワインやチョコレートを控える

といった対策をしてみてください。

病院でも自分でも解決できない時は
こちらの情報も参考に

こちらもオススメ

 

カテゴリ【健康】内の記事一覧※は現在の記事で、下へ行くほど新しい記事
インフルエンザの流行に備えて予防接種を考えているあなたへ!
その冷え性は原因と対策を知ったら改善できます!
これから大流行のマイコプラズマを知っておきましょう!
ノロウィルスなんか予防すれば怖くない!その対策を考える!
新型ノロウィルスGll.17その対処と予防法について
私はこんな方法でダイエットに大成功しました!参考事例
ノロウィルス等による感染性胃腸炎が大流行で警報レベルに!
下痢やおう吐による脱水症状にご注意!経口補水液も上手に!
花粉症デビュー?と思ったら症状の確認と何科に行けば良い?
脳梗塞の前兆を感じたらすぐ検査、冬のお風呂は要注意です!
その胃痛ピロリ菌が原因かもしれない。どう対処する?
健康の要!尿の㏗とクエン酸
冷え性の改善には血行促進が必須!食べ物やクエン酸の利用も!
原因不明の頭痛で病院に行くには何科に行くの?
頭痛の種類や原因と対策を知って早い解決を目指しましょう!
生理と一緒に出る女性特有の頭痛には薬?他に緩和の方法は?
姿勢の矯正を簡単にして頭痛、肩こり、腰痛も軽減!椅子は?

記事を探しやすいサイトマップ

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑