あなたにおすすめのメイク落としランキング

生活

メイクをする方が必ずしなければいけないことが“クレンジング”ですね!
ご自身にあったメイク落としではないアイテムを使用してしまうと肌トラブルの原因にもなってしまうので、ご自身にあったメイク落としを選ぶことが大切です。
でも、いざメイク落としを選ぼうとすると、ジェル、シート、オイル、泡…本当にたくさんの種類があるので、どの種類がいいのか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、これまでたくさんのメイク落としを試してきた美容オタクの私が、どの種類がおすすめなのかをご紹介していきます。
これを読めば、あなたのメイクにあったメイク落としの種類を見つけることができますので、ご自身のメイクを想像しながら自分にあうメイク落としを見つけてくださいね!

メイク落としジェル、シート、オイルのメリット比較

メイク落としを選ぶ際、メイクが落ちればいいでしょ?と思って選んでいませんか?
もちろんメイクを落とすことが役割なので、メイク落ちの良さで選びたくなりますよね。ただ、洗浄力の高いメイク落としを超乾燥肌の方が選んでしまうと乾燥の原因にもなってしまいます。
このように間違った選び方をしてしまうと肌トラブルにも繋がってしまいますので、メイク落としを選ぶ際には、次の2つのポイントに着目して選ぶことがおすすめです!

①メイクの濃さ
②肌状態

メイクの濃さや肌状態は人それぞれ違いますよね。なので、この2つのポイントに着目してメイク落としの種類を選ぶようにすると肌トラブルに繋がりにくくなります。
では実際に、メイク落としの種類をご説明していきますね。

【ジェルクレンジング】
ジェルクレンジングは、名前の通りクッション性のあるジェルタイプのメイク落としです。
油性・水性の2つの種類があります。
油性タイプの場合、油分を含むため水性よりもメイク落ちは高くなりますが、皮脂を洗い流しやすくなります。水性タイプの場合、メイク落ちはオイルクレンジングほど高くありませんが、まつ毛エクステをされている方でも使用できることがメリットです。
ジェルクレンジングはメイクと馴染ませるのに時間がかかるというデメリットがあるものの、クッション性のあるジェルが摩擦負担を軽減してくれるメリットもあります。
また、リキッドファンデーションを落とすことには向かないものの、ナチュラルメイクであれば十分落とすことができるので、乾燥肌の方や肌負担なくメイクを落としたい方、ナチュラルメイクの方にはジェルクレンジングがおすすめです。

【シートクレンジング】
シートクレンジングは、クレンジング成分が染み込んだシートでメイクを拭き取るタイプのメイク落としです。
シートで拭き取るだけでメイクを落とすことができるので、場所を選ばずに使用できるのがメリットです。忙しいときや旅行などのお出かけ先でメイクを落としたいときにはおすすめです。
ただし、メイクを落とす際に拭き取るため、摩擦による肌負担があることや乾燥しやすい点がデメリットではあるので、毎日使いと考えるのではなく、お出かけ先や困ったときに使用することをおすすめします。

【オイルクレンジング】
オイルクレンジングは、その名の通り、主成分が油分でできているメイク落としです。
そのため、素早くメイクと馴染み、濃いメイクでもしっかり落とせることがメリットです。
また、毛穴詰まりやざらつきもしっかりオフしてくれることもメリットですね。その反面、洗い上がりの肌が乾燥しやすいというデメリットもあります。
ジェルクレンジングと違いクッション性がないため、メイクを落とす際の摩擦には注意が必要です。
メイク落ちの良さや洗浄力の高さが最大の特徴になりますので、濃いメイクをされる方や脂性肌の方にはオイルクレンジングがおすすめです。

メイク落としランキング

メイク落としの種類をいくつかご紹介しましたが、ここでは実際にどのメイク落としが人気なのかランキングをご紹介していきます。

第一位
アテニア スキンクリア クレンズオイル アロマタイプ
175ml 1,870円

ダブル洗顔不要のオイルクレンジング。オイルタイプのクレンジングですが、まつ毛エクステをされている方でも使用可能です。
メイクを瞬時に浮き上がらせ、しっかりメイクもさっとオフできるので肌摩擦も極限まで軽減してくれます。

ごく少数ではありますが、「私の肌には合わなかった」という声があるものの、「クレンジング後は肌のつっぱり感がない」「よく落ちる」という声が多く、堂々の一位に選ばれました!
オイルクレンジングをお探しの方は一度試してみる価値ありですよ。

第二位
ファンケル マイルドクレンジングオイル
120ml 1,870円

美容液のような“とろすべオイル”がメイクも毛穴の角栓もオフする無添加オイルクレンジング。
肌本来のバリア機能も守りながらメイクをしっかり落としてくれるので、肌本来のうるおいはキープしてくれます。
私自身も愛用中のオイルクレンジングですが、メイク落ちはもちろんのこと、毛穴汚れや黒ずみをしっかり落としてくれるので、脂性肌の方や毛穴汚れが気になる方にぜひ試していただきたいオイルクレンジングです。

第三位
シュウウエムラ アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル
150ml 5,720円

ダブル洗顔不要のオイルクレンジング。メイクを落とすだけという概念を覆したメイク落としで朝にも使用可能です。朝の洗顔に使うことで、睡眠中に溜まった汚れを落としてメイク前の肌を美しく整えてくれます。
乾燥肌の方でも、「メイク落とし後の肌の保湿感に感動した」という声があがるくらい、しっとりと洗い上げてくれます。
乾燥肌だけどオイルクレンジングをお探しの方は、ぜひ一度試していただきたい1品です。

人気のメイク落としトップ3をご紹介しましたが、メイクをしっかり落としたい方と考えている方が多いため、オイルクレンジングが圧倒的に人気です。近年では、オイルクレンジングでも洗い上がりの保湿力を備えてきている商品もたくさんありますので、メイク落とし選びの参考にしてみてくださいね。

メイク落とし代用品はある?

メイク落としがなくて困ったという経験は、誰しも一度は経験があるのではないでしょうか?
ここではメイク落としがないときの代用品をご紹介していきます。

【ワセリン】
ワセリンは、通常、手や顔の保湿に使用されるアイテムです。ワセリンをメイク落としの代用品として使用する際は、まず手を使って肌に馴染ませます。その後、化粧水を含んだコットンや濡れタオルなどで拭き取ってください。メイクを落としたあとは洗顔もしてくださいね。

【乳液】
乳液は油分を多く含んでいるため、メイク落としの代用品として使用することが可能です。乳液をメイク落としの代用品として使用する際は、手で顔全体に馴染ませたあと、乳液を落とし洗顔をしてください。

代用品でメイクを落とす際の注意点は、代用品を一度手に取ってから顔に馴染ませることです。
直接顔につけないことが大切です。また、メイクに馴染んだあとは優しく拭き取り、洗顔までしっかり行うようにしてください。
もしも、メイク落としがなくて困ったという時は、注意点を守りながらメイクを落とすようにしてくださいね。

まとめ

今回はメイク落としのおすすめについてクレンジングタイプごとにご紹介してきました。
メイク落としと言うと、メイク落ちの良さからオイルクレンジングが思い浮かびがちですが、肌状態によっては合わない可能性もあります。
ご自身のメイクや肌状態に合わせてメイク落としを選ぶことが肌にとって一番大切になってきますので、今回ご紹介した選び方を参考にご自身にあったメイク落としを見つけてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました