マイナンバーカード保険証利用のメリット・デメリット

社会・環境

現在政府はマイナンバーカードの普及を急いでおり、その一環からでしょう、マイナンバーカードの保険証利用も拡大しています。
マイナンバーカードを保険証として使えるようになるのは便利な面があることは理解できます。
例えばデータがマイナポータルで一元管理されるので
・医療関係の事務作業が大幅に軽減される
・過去の健康診断の結果を忘れても記録されているのですぐに確認できる
・処方されている薬や過去の診療記録がすぐ分かる
こんなメリットが挙げられます。

しかしその反面、個人情報が政府に管理されることへの警戒感が強いことも事実でしょう。
そのため多くの人がマイナンバーカードの取得をためらっていたり、迷っているのではないでしょうか?
本記事ではマイナンバーカードの保険証利用のメリットとデメリットを客観的に比較することで、そもそもマイナンバーカードを作るかどうかの検討材料として頂きたいと思います。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するメリット

マイナンバーカードを健康保険証として利用するといくつかのメリットがあります。

・カード1枚でマイナンバーと健康保険証の機能が両方利用できるため、持ち運びが便利です。
・カードには保有者の氏名や住所などの情報が記載されているため、身分証明書としても利用できます。
・電子証明書を利用することでオンラインで医療機関の予約や処方箋の受け取りができる場合があります。
・カードには健康保険者や医療機関からの情報提供に関する同意を設定することができるため、医療情報の共有がスムーズに行えます。

以上のようなメリットがあるため、マイナンバーカードを健康保険証として利用することで、より便利な医療サービスを受けることができるようになります。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するデメリット

多くの方が最も気にしている点は、個人情報も一元管理されることになることだと思います。
マイナンバーカードを健康保険証として利用するデメリットとしては、その他にも以下の点が挙げられます。

・マイナンバーカードは、個人情報保護の観点から、他の公的機関や事業者に提供することができません。
・マイナンバーカードが健康保険証として利用できる範囲はまだ限定的であるため、利用できない医療機関もあります。
・マイナンバーカードを紛失した場合、健康保険証としての機能だけでなく、個人情報漏洩のリスクもあります。
以上のようなデメリットがあるため、マイナンバーカードを健康保険証として利用するかどうかは、個人の判断に委ねられているのが現状です。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するには?

マイナンバーカードを健康保険証として利用するには、まず市区町村役場でカードの受け取り手続きを行い、その後医療機関に提示することで利用できます。

①マイナンバーカードは日本国内で健康保険証として利用できます。
カードには、保有者の氏名、住所、生年月日、健康保険の詳細などの情報が含まれています。
ただし、利用範囲は健康保険の種類や医療機関によって異なる場合があります。
具体的な利用方法については、健康保険者や医療機関に直接お問い合わせいただく必要があります。

②マイナンバーカードを健康保険証として利用する場合、以下の点に注意が必要です。
・マイナンバーカードには健康保険証の情報が書き込まれている必要があります。
書き込まれていない場合は利用できません。
・マイナンバーカードを利用する場合、事前に医療機関に通知する必要があります。
通知しないと、健康保険証として認められない場合があります。
・マイナンバーカードは個人情報保護の観点から、他人に貸し出したり、紛失しないように注意が必要です。

以上の点に留意することで、スムーズな利用が可能となります。

③マイナンバーカードを紛失した場合、健康保険証として利用することはできなくなります。
マイナンバーカードは、健康保険証のほかにも、各種手続きや証明書の取得に必要な身分証明書としても利用されています。
紛失した場合は速やかに所轄の市区町村役場や窓口に届け出て、再発行手続きを行う必要があります。
再発行には、手数料や本人確認書類の提出が必要となりますので、紛失しないように注意して保管してください。

④マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、以下の手続きが必要です。
・マイナンバーカードを取得する
マイナンバーカードの申請については、住民票所在地の市区町村役場にお問い合わせください。
・健康保険証として利用するために、マイナンバーカードを医療機関に提示する
通常の健康保険証と同じように、受診時にマイナンバーカードを提示することで、健康保険証として利用することができます。
また、マイナンバーカードを利用する場合は、保険者番号が表示されている「被保険者証」は不要です。
・マイナンバーカードの利用履歴を確認する
マイナンバーカードを利用した履歴は、「マイナポータル」から確認することができます。
注意点としては、マイナンバーカードを紛失した場合は、速やかに市区町村役場に届け出る必要があります。
また、健康保険証としての利用以外にも、各種手続きに利用できるため、紛失や盗難には十分注意が必要です。

以上の事をよく検討の上、必要に応じてマイナンバーカードの取得を検討してください。

タイトルとURLをコピーしました